理想の体重は?標準・美容・モデル体重の計算・使い方!

標準・理想体重
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
万代崇

体重の正しい使い方をご存知でしょうか?

ダイエットの指標には、美容体重・モデル体重などいろいろなものがあります。

それぞれの計算方法は簡単ですが、体重の正しい使い方はあまり紹介されていません

体重にばかり注目すると、ダイエットに失敗したり、目標を達成しても思っていたスタイルにならなかったりします。

この記事で、指標となる体重の計算方法と、理想のスタイルを作れる体重の使い方を紹介します!

こちらの記事は100%全て、科学的な知識と他のトレーナーへの指導経験も持つ、
「ボディメイクアップ」のトレーナーが作成しています。

1.標準体重の計算

標準体重の計算

標準体重とは、日本人の平均的な体重です。

標準体重はこちらのフォームで計算できます。

一般的に、標準体重が最も健康的と言われています。

標準体重はBMIが22になる体重です。

BMIはこちらの式で計算されます。

 体重(kg)÷身長(m)÷身長

標準体重はBMIが22なので、このように計算します。

  身長(m)×身長×22

標準体重の問題点

ダイエットに使うには、標準体重は問題があります。

それは、多くの場合、標準体重だと、ある程度体脂肪がついているからです。

太っているという印象はあまりありませんが、お腹周りなどに脂肪が残ってしまいます。

標準体重の体型

ボディメイクアップのクライアントさんでも、標準体重だと、多くの方が「もう少し体脂肪を落としたい」と希望されます。

2.美容・理想体重の計算

標準体重だと、キレイなスタイルを作る目安としては、少し高い場合がほとんどです。

そのため、ダイエットの指標としては、美容体重がよく使われます。

こちらが、美容(理想)体重の計算フォームです。

BMI=18.5~20が美容体重です。

よく、BMI=20が指標に使われます。

BMIが20になると、健康的でスリムなスタイルになってきます。

美容・理想体重の体型

3.モデル体重の計算

美容体重よりもさらに低い、モデル体重というものもあります。

こちらが、モデル体重の計算フォームです。

BMI=18をモデル体重と言います

BMIが18だと、女性でもかなりスレンダー、男性だとガリガリの印象になってきます。

モデル体重の体型

3.1モデル体重の注意点

モデル体重になれば、男女とも、かなり細いスタイルになります。

たまに、BMIが17や16など極端に低いものが、モデル体重として紹介されることもあります。

しかし、安易にモデル体重を目指すのは危険です。

体重・体脂肪を落としすぎると、健康を損なってしまう危険性があります。

3.2過剰なダイエットに注意

過剰なダイエットに注意

体重・体脂肪を落としすぎると、頭痛・倦怠感といった体調不良が起きたり、病気になってしまう可能性もあります。

過度に細いスタイルにこだわって過激なダイエットをすると、食事ができなくなる拒食症や、際限なく食べてしまう過食症という、摂食障害になることもあります。

また、女性の場合、過度に体脂肪を落とすと、生理が止まってしまうこともあります。

ボディメイクアップの女性のクライアントさんでも、過去にプライベートジムで極端な糖質制限を行い、生理が止まった経験がある方がいらっしゃいます。

海外のファッションショーでは、「BMIが18以下のモデルを採用しない」と規定しているものもあります。

まともなトレーナーであれば、安易にモデル体重はススメません。

もし、モデルなどの美容関係の仕事をしていて、オーディションなどの際に必要なら、極端に体重を落とすこともやむを得ないかもしれません。

しかし、一般の人であれば、極端に体重を落とす必要はありません。

女性らしいラインを作るには、ある程度の体脂肪も必要です。

適度にダイエットを行う方が、健康的でキレイなラインを作ることが出来ます

参考記事:女性のBMI計算とキレイな体を作れるBMIの使い方!

4.体重の使い方

ここまでで、ダイエットの指標となる標準・美容・モデル体重を紹介してきました。

体重はダイエットの目安となるものです。

しかし、体重ばかり見ていると、ダイエットに失敗することもあります。

判断を間違えたり、目標の体重になっても、思っていたスタイルになれないこともあります。

理想のスタイルを作れるように、ダイエットと体重の関係、そして正しい体重の使い方を紹介します。

4.1ダイエットの目的

ダイエットの目的

ダイエットの目的は、体重を減らすことではありません。

ダイエットの目的は、体脂肪を減らすことです。

キレイなスタイルや健康な体を手に入れるために、体脂肪を落とすことがダイエットの目的です。

体重は体脂肪の目安になりますが、完璧に連動して動くものではありません。

一致して動くこともあれば、全く関係なく動くこともあります。

にもかかわらず、体重ばかり気にしていると、ダイエットの方法や判断を間違えることがあります。

長期的に見ると、体重は体脂肪以外に、筋肉によっても変動します。

4.2筋肉と体重

筋肉と体重

男性・女性とも、キレイな体を作るためには、適度に筋肉が必要です。

バランスを考えながら適度に筋肉を付けることで、単に細いよりもキレイな体を作れます。

体脂肪を落としても、筋肉が減ってしまうと、メリハリがなくなったりたるみが残ってしまったりします。

しかし、体重だけを見ると、筋肉が減る方が数値は良くなってしまいます。

筋肉を減らすと、体重が減っても、かえってスタイルは悪くなってしまうのです。

体重にばかり注目すると、実際のスタイルがおろそかになってしまうことがあります。

4.3筋肉をキープするダイエット

筋肉をキープするダイエット

ダイエットで最も大事なのは、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることです。

この状態を作ると、不足したエネルギーを体脂肪から使って、自然と痩せていきます。

しかし、この状態を作るだけでは、脂肪と筋肉が3:1ぐらいの割合で減ってしまいます

そこで、筋トレとタンパク質摂取をしながらダイエットをしましょう。

この2つによって、筋肉をキープしたままダイエットが出来ます。

カロリーを抑えながらタンパク質を摂るには、高タンパク低カロリーの食品が最適です。

参考記事:高タンパク低カロリーの食品109選!
参考記事:ダイエットと筋トレで美しい体を作る!キレイに痩せる方法

そして、短期的に見ると、体重はほとんど水分によって動きます。

4.4水分と体重

水分と体重

長期的に見ると、体重は脂肪と筋肉によって動きます。

そして、短期的に見ると、体重は体脂肪よりも水分によって動きます

「ダイエットをして数日で1~2kg減った」「食べていないのに体重が増えた」「ダイエットをしているのに体重が減らない」

これらは、ほとんどが水分の影響です。

体脂肪を1日で1kg動かそうと思ったら、150kmぐらい走ったり、ステーキ1.5kgとご飯10合ぐらいを食べる必要があります。

体脂肪は、ダイエットを頑張っても食べ過ぎても、1日に100g程度しか増減しません

一方、水分は簡単に1~2kg変動します。

そのため、短期的な体重の変化は、ほとんどが水分の影響なのです。

毎日体重計に乗ったり、1日に何回も体重を測っても、ほとんど水分の変動しか分からないのです。

体重を気にしすぎると、水分の変化を体脂肪の変化と思ってしまいます

そうすると、判断を間違えたり、頑張っているのに体重が落ちず、モチベーションを落としてしまったりします。

体脂肪は多くても1日に100gぐらいしか変わらないので、数時間~1日の変動を気にする必要はありません。

1日に100gというと少ないと感じるかもしれませんが、1ヶ月続ければ、体脂肪を3kg落とすことが出来ます

体脂肪が3kg落ちれば、周りの人にもしっかり気づいてもらえるぐらい体が変わります。

参考記事:ダイエットに成功できる体重計の正しい使い方!

4.5体重の使い方

体重の使い方

短期的な体重の変動を気にする必要はありません。

体重を毎日測る必要はなく、週に1回ぐらいのペースで大丈夫です。

そして、週単位・月単位の変動をみるようにしましょう。

そうすれば、水分による体重の錯覚に惑わされにくくなります。

そして、美容体重などの数値も、あくまでも目安です。

「とにかくその数値を目指す」のではなく、「体脂肪を落としていった結果、その数値になる」というのが理想の形です。

やみくもに体重を落とそうとすると、筋肉を減らしたり、水分を抜いたり、食べる物の重量を減らす方が効果的になってしまいます。

しかし、筋肉を減らして体重を落とすと、スタイルはむしろ悪くなってしまいます。

また、水分が減っても特にスタイルに影響せず、その分の体重はすぐに戻るので、水分を抜くのはただツライだけです。

体重は、あくまでもダイエットの目安です。

体脂肪を落として、キレイなスタイル・健康な体を手に入れることを目的にし、体重を目安に使って、ダイエットを成功させましょう!

参考記事:ダイエットに成功する体重の使い方、完全マニュアル!

まとめ

標準・美容体重

いかがでしたでしょうか?

体重はダイエットの指標としてよく使われますが、あくまでも目安に過ぎません。

本来の目的である、キレイなスタイルや健康な体を手に入れることを目指しましょう。

そして、体重の意味をしっかり理解して、体脂肪の目安として使うことで、ダイエットの成果を把握しやすくなります。

体脂肪を落とすことを目標に、体脂肪を目安に使って、理想のスタイルと健康な体を手に入れましょう!

この記事のポイントまとめ

 ダイエットの指標として、標準・美容(理想)・モデル体重がある

 体重を落としすぎないように注意

 体重は水分や筋肉によっても変動する

 体重は中・長期の変化を見る

 体脂肪を落とすことを目的にして、体重を目安として使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ボディメイクアップ」のトレーナーが
あなたのダイエットを指導

「パーソナル・ダイエット指導」では、
ボディメイクアップのトレーナーが
あなたのダイエットを
マンツーマンで指導します!

プロにも指導をするトレーナーの指導を
誰でも受けられて、
あなたも本物のダイエットを
楽しく実践できます!

詳しくはこちら

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

follow us in feedly

コメントを残す