ダイエットで体重が減らない3つの原因と解決方法!

体重が減らない原因と解決方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
万代崇

「ダイエットをしているのに体重が減らない」と悩んでいないでしょうか?

努力をしているのに成果が見えないのは、ツライものだと思います。

ダイエットをしても体重が減らないことには、3つの原因があります。

その3つの原因が分かっていれば、悩みを解決するのも簡単です。

「食事制限や運動をしているのに、全然体重が減りません・・・」という悩みを抱えて、ボディメイクアップのダイエット指導を受けていただく方もいらっしゃいます。

そして、解決方法をしっかり実践していただいた方は、みなさん体重も体脂肪も落として、ダイエットに成功されています。

この記事で、ダイエットをしても体重が減らない3つの原因と、その解決方法を紹介します!

こちらの記事は100%全て、科学的な知識と他のトレーナーへの指導経験も持つ、
「ボディメイクアップ」のトレーナーが作成しています。

体重が減らない3つの原因

体重が減らない原因

ダイエットをしても体重が減らない原因は、こちらの3つです。

 ダイエットの効果が低い
 水分の影響
 体重の錯覚

これらの原因がしっかり分かっていれば、解決するのも簡単です。

まずは、3つの原因をそれぞれ分かりやすく説明していきます!

原因1.ダイエットの効果が低い

効果的なダイエットを実践していない

世の中には、いろいろなダイエット方法・情報があります。

しかし、残念ながら、間違った方法・情報が溢れていて、本物のダイエット方法はほとんど知られていません。

食べる順番を変える
ストレッチやマッサージで代謝を上げる
糖質を制限すれば何を食べても痩せる

といったものから、

筋肉を付けて基礎代謝を上げる
有酸素運動で脂肪を燃焼する

というしっかり努力をするものでも、実は効果が低くて、ほとんど痩せないものがあります。

効果の低いダイエットを行ってしまうと、いくら努力をしても、体重は減らずに終わってしまいます。

効果的なダイエットを実践するために押さえるべきポイントは、また別のところにあります。

本物のダイエット方法を実践すれば、しっかり体脂肪が落ち、それに伴って体重も減っていきます。

効果的なダイエット方法は、下記の 確実に痩せる本物のダイエット方法 で紹介します!

原因2.水分の影響で体重が減らない

ダイエットでは、体脂肪が減っているのに体重が減らないという現象がよく起こります。

これは、体の水分量など、体脂肪以外のものが一時的に増えることが原因です。

体脂肪が減り、ダイエットの成果が出ていても、それが体重に現れないことがあるのです。

体重が減るペースと体脂肪が減るペース

体脂肪と体重が減るペース

ポイントpoint
体脂肪は1日に100g程度しか減らない一方、体の水分量などは簡単に1~2kg変動する。
体脂肪が減っても、一時的に水分が増えると体重は減らない。

体重は前日の夜→朝で1~2kg落ちることがあります。

また、朝→日中で1~2kg増えることもあります。

これは、体脂肪が変動して、痩せたり太ったりしている訳ではありません。

ほとんどが、体の水分量や胃腸の内容物の変動です。

体脂肪は、多くても1日に100グラム程度しか変わりません。

一方、水を1リットル飲めば体重が1kg増えるように、体水分は簡単に1~2kg変動します。

ダイエットを頑張って1日に体脂肪を100g減らしても、ペットボトル1本分の水分が増えれば、体重は400g増えます。

体重が増えたかといって、太ったわけではありませんし、体重が減らないからといって、痩せていない訳ではありません。

体重は体脂肪以外の要因で変動するのです。

短期的に見ると、体重≠体脂肪なのです。

体重とダイエットの正しい関係

体重とダイエットの正しい関係

ポイントpoint
体重はダイエットの目的ではなく目安に過ぎない。

あなたは、何の目的でダイエットを実践していますか?

キレイ・カッコイイ体を作りたい、健康な体を手に入れたい、好きな服を着たいなど。

ダイエットの目的は人それぞれです。

ただ、ボクサーでもない限り、体重を落とすことはダイエットの目的になりません。

ダイエットの本来の目的に照らすと、落としたいのは、体重ではなく体脂肪のはずです。

体重は体脂肪量の目安でしかありません。

そして、短期的に見ると、体重は体脂肪量と全く関係なく動きます。

ダイエット=体脂肪を落とす≠体重を落とす

なのです。

そして、短期的な体重の変化を見ていると、

「食べてないのに太ってしまった。食べるのが怖い・・・」
「ダイエットを頑張ってるのに、全然体重が減らない・・・」

と思って、モチベーションを落としたり、極端な方法に走ったりして、ダイエットに失敗してしまいます。

短期的な体重の動きは、体脂肪の変化を表していないので、特に気にする必要はありません。

水分の影響に惑わされず、ダイエットに成功する方法を、 体重の正しい使い方 で詳しく紹介します!

ちなみに、水分で体重が増加した場合でも、体脂肪計の体脂肪率や体脂肪量が増えることがあります。

これは、体脂肪計の誤差です。

体脂肪計は誤差が大きく、正確な値を測れないのです。

体脂肪計の数値は体脂肪の変動を表せないので、特に気にしなくて大丈夫です。

参考記事:体脂肪計・体組成計は使うな!痩せる体脂肪率の使い方

原因3.初めに体重が落ちることによる錯覚

なかなか体重が減らないと感じる原因には、【体重の錯覚】があります。

【体重の錯覚】とは、体脂肪も体重も減っているのに、全然痩せなくなったと感じてしまう現象です。

これによって、「停滞期で痩せなくなった・・・」と勘違いしてしまうことがよくあります。

体重の錯覚とは

体重の錯覚とは

ポイントpoint
ダイエットの初めに体重が一気に落ちるせいで、その後に体重が減らなくなったと錯覚してしまう

ダイエットを始めると、2~3日で体重が1~2kg落ちることがよくあります。

そして、このペースで体重が落ちていくと期待しても、思った通りには落ちてくれません。

この現象は、だいたいのダイエット情報で、【体が脂肪を溜めようとする停滞期】ということで片付けられてしまいます。

しかし、体重が落ちるペースが鈍るのは、痩せなくなった訳ではありません。

体脂肪は一定のペースで減っています。

ダイエットを始めてすぐに、脂肪量以外の要因で体重が一気に減るせいで、その後に痩せなくなったと錯覚してしまうのです。

ダイエットを始めてすぐに減るもの

ダイエットを初めてすぐに減るもの

ポイントpoint
ダイエットをはじめると、体の糖質+水分が抜けて、体重が一気に減ることがある

ダイエットを始めてすぐ、体重が1~2kg落ちるのは、体脂肪が落ちて痩せた訳ではありません。

体重が減るペースと体脂肪が減るペース で解説したように、体脂肪は、多くても1日に100グラム程度しか減りません。

これは、体の中の糖質と水分が一時的に抜けることが要因です。

体は肝臓・筋肉などに400~500gの糖質を溜めています。

この糖質は、1g当たり約3gの水分と結びつき、糖質+水分で1.5~2kgぐらいの重さになります。

ダイエットをすると、この糖質+水分が一時的に抜けることがよくあります。

特に、糖質制限やファスティング(断食)などをすると、丸1日で体の糖質は空っぽになります。

そして、糖質+水分は、初めに1~2kg減って空っぽになったら、それ以上は減りません。

その後は、体脂肪を落とさないと体重は落ちず、そのペースは最大で100g/日ぐらいです。

体重と体脂肪の動き

体脂肪は初めから一定のペースで減っているので、決してダイエットが停滞しているわけではありません。

体重が減らないと感じるのは、初めに糖質+水分が抜けるせいで起こる錯覚なのです。

体重がこのような動きをすると知っておけば、錯覚を防ぎ、正しい判断を出来るようになります。

【飢餓状態による停滞期】の真相は、こちら記事 トレーナーも知らないダイエットの停滞期の乗り越え方! で紹介しています。

体重が減らない悩みを解決する方法

体重が減らない時の解決方法

ダイエットを行っていても体重が減らない原因は、

 ダイエットの効果が低い
 水分の影響
 体重の錯覚

この3つです。

そして、原因が分かっていれば、解決するのは簡単です。

体重が減らない悩みを解決するには、【体重を正しく使い、効果的なダイエットを続ける】ことです。

体重を正しく使えば、水分の変化や体重の錯覚に惑わされなくなります。

そして、効果的なダイエットを続けていけば、しっかり体脂肪が落ち、それに伴って体重も減っていきます。

それでは次に、効果的に痩せられるボディメイクアップのダイエット方法を紹介します!

確実に痩せる本物のダイエット方法

本物のダイエット方法

ポイントpoint
食事を管理して摂取カロリー<消費カロリーの状態を作るのが、本物のダイエット方法

ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることです。

摂取カロリーは食事で摂るエネルギー、消費カロリーは体が使うエネルギーです。

摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることで、不足したエネルギーを体脂肪から使い、痩せていきます。

そして、カロリーコントロールには2つの方法があります。

摂取カロリーを抑えることと、消費カロリーを高めることです。

効果的なのは、食事を管理して摂取カロリーを抑えることです。

消費カロリーを高めるにはいろいろな方法が紹介されますが、実質的に効果があるのは、運動だけです。

その運動も、体重50kgの人が体脂肪を1kg落とすだけで、ランニングで150km・ウォーキングで300kmと、途方もない努力が必要になってしまいます。

食事の管理であれば、食べる食品・料理を変えることで、効率的にカロリーを抑えられます。

効果的なダイエット方法を実践し、体脂肪を落とせば、それに伴って体重もしっかり落ちていきます。

参考記事:プロも選ぶ!99%痩せる本物のダイエット方法!!

体重の正しい使い方

体重はダイエットの目安になるものです。

一方で、モチベーションを落としたり、判断を誤らせて、ダイエットに失敗する原因にもなります。

ダイエットでは、体重がどのように動くかを理解し、正しく使う必要があります。

それでは最後に、ダイエットに成功できる、【体重の正しい使い方】を紹介していきます!

体重は長期的な変化を見る

体重は長期的な変化を見る

ポイントpoint
短期的な体重の変動は、脂肪量を表さないので気にしない。
体重は長期的な変化を見る。

1日の中や数日単位での体重の変化は、ほとんどが体脂肪以外の影響です。

短期的な体重の変化を見ても、ダイエットの成果は全く分からず、ダイエットを失敗する原因になります。

そのため、短期的な体重の変動は気にしないようにしましょう。

一方、長期的に見ると、水分量などの動きは平均化されて、体重は体脂肪量と連動して動きます。

体重を見るときは、週単位・月単位といった、中・長期の変化を見るようにしましょう。

ボディメイクアップでも、クライアントさんの体重を週1ペースでしかチェックしていません。

長期的な体重の変化を見ることで、脂肪量の変化を的確に把握できるようになります。

そして、【効果的なダイエットを続ける】ことで、体脂肪はしっかり減っていき、長期的な体重も落ちていきます。

「体脂肪は1日に100gしか減らない」と聞くと、少ないように思うかもしれません。

しかし、これを1ヶ月続ければ△3kg、2ヶ月で△6kgのダイエットに成功できるのです。

本物のダイエット方法をマスターして実践し、体重を正しく使うことで、ダイエットは確実に成功できます!

参考記事:ダイエットに成功する体重の使い方、完全マニュアル!

体重が減らない原因と解決法まとめ

体重が減らない原因と解決法

いかがでしたでしょうか?

体重が減らないことには3つの原因があります。

それらは、【体重を正しく使い、効果的なダイエットを続けていく】ことで解消できます。

効果的なダイエットを続け、しっかり脂肪を落とせば、それに伴って体重も落ちていきます。

そして、体重は短期的な変動ではなく、長期的な変化を見るようにしましょう。

効果的なダイエットを続けていけば、しっかり体が変わって体重も落ちていき、ダイエットに成功できます。

ぜひ、本物のダイエット方法をマスターして実践し、理想のスタイルと健康な体を手に入れましょう!

この記事のポイント

 体重が減らない3つの原因は、①ダイエットの効果が低い ②水分の影響 ③体重の錯覚

 効果的なダイエットを続けることで、体重・体脂肪は確実に減っていく

 カロリーコントロールにより、摂取カロリー<消費カロリーを作るのが、本物のダイエット方法

 食事の管理が効果的なダイエット

 体重は短期的な変動ではなく、長期的な変化を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ボディメイクアップ」のトレーナーが
あなたのダイエットを指導

「パーソナル・ダイエット指導」では、
ボディメイクアップのトレーナーが
あなたのダイエットを
マンツーマンで指導します!

プロにも指導をするトレーナーの指導を
誰でも受けられて、
あなたも本物のダイエットを
楽しく実践できます!

詳しくはこちら

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

follow us in feedly

コメントを残す