生理前の豆乳はダイエットに逆効果!?生理中に痩せる方法!

生理中の豆乳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
万代崇

痩せるために、生理前に豆乳を飲んでいる・飲もうと思っていませんか?

「生理前に豆乳を飲むとダイエット効果がある」
「生理後の痩せ期に痩せやすくなる」
と言われます。

しかし、実際に豆乳を飲んでも、痩せないどころか逆に太ってしまいます

「豆乳を飲んでいるのに全く痩せない・・・」と悩んでいる人もいるかもしれません。

豆乳のダイエット効果の真相と、生理前後で体重が変動する本当の理由は、一般的な情報とは全く違うところにあります。

豆乳を飲んでいた人にとってはショックかもしれませんが、正しい情報を知れば、生理中でも確実に痩せることができます。

豆乳の本当のダイエット効果と、生理中でも痩せられる本物のダイエット方法を紹介していきます!

1.生理前に豆乳を飲むダイエット効果

「1日200mlの豆乳を生理の7~10日前に飲むと、ダイエットに効果的」とよく紹介されます。

「豆乳を飲むと、イソフラボンを摂れて女性ホルモンが増え、生理後の痩せ期に痩せやすい」と言われています。

しかし、これらは間違った情報で、豆乳の正しい効果はまた別のところにあります。

まずは、豆乳のダイエット効果の真相を紹介します!

1.1豆乳のダイエット効果

豆乳のダイエット効果

ポイントpoint
生理前に豆乳を飲んでも、ダイエット効果は無い

豆乳はダイエットに効果的と紹介される食品です。

しかし、実際のところ、ダイエット効果は全くありません

豆乳を飲んでも特に消費カロリーは増えませんし、脂肪燃焼も増えないからです。

6週間、牛乳を同じ量の豆乳に置き換えた実験でも、体重・ウエストサイズともに特に変化は出ていません。

参考論文:Effect of soy drink replacement in a weight reducing diet

「豆乳はダイエットに効果的」と言われますが、実際は、特別なダイエット効果はないのです。

1.2豆乳を飲むとダイエットに逆効果

生理前に太る原因

ポイントpoint
豆乳はコーラ以上に高カロリー
飲んだ分、カロリーが増えて太ってしまう。

豆乳に特別なダイエット効果はありません。

その一方で、脂質・糖質を含み、カロリーがあります。

100gで46kcalと、実はコーラと同じカロリーがあるのです。

調整豆乳だと、植物油や砂糖も入っていて、100gで64kcalとコーラの1.5倍のカロリーがあります。

文部科学省:日本食品標準成分表-豆類

【豆乳はダイエットの味方】
【炭酸ジュースはダイエットの敵】
というイメージがあるかもしれませんが、実は、豆乳は炭酸ジュース以上にダイエットの敵なのです。

参考記事:豆乳のダイエット効果はウソ!?痩せる豆乳の飲み方

2.豆乳で生理後に痩せる理由

豆乳はダイエットに逆効果の食品です。

一方で、「生理前に豆乳を飲んで、生理後に体重が1~2kg落ちた」という経験をする人もいます。

これは、「豆乳の効果で痩せた!」という訳ではありません。

全く別のことが原因です。

生理後に体重が落ちる本当の理由を知っていれば、体重の動きに惑わされず、生理中でも痩せられるようになります!

2.1生理後に体重が落ちる理由

生理後に痩せる理由

ポイントpoint
生理後に体重が落ちるのは、体脂肪が減って痩せたわけではなく、体の水分が抜けるから

「生理前に体重が1~2kg増え、生理後に1~2kg減る」という現象はよく起こります。

ボディメイクアップの女性のクライアントさんでも、こういった体重の変化を経験される方は多くいらっしゃいます。

これは、「体脂肪が1~2kg変動して、太ったり痩せたりしている」という訳ではありません。

かなり食べ過ぎてもダイエットを頑張っても、体脂肪は1日に100g程度しか変化しません。

この体重の変化は、ほとんどが体の水分量の変化です。

体は生理前に水分を溜め、生理後にその水分が抜けます。

この体重の変化は、豆乳を飲んでも飲まなくても起こります。

つまり、豆乳を飲んで生理後に体重が減るのは、豆乳の効果でも、痩せたわけでもなく、周期によって水分量が変化しているだけなのです。

参考記事:生理前に体重が増加して太る、本当の原因&対応策!

2.2生理前に豆乳を飲む効果

豆乳を飲む効果

ポイントpoint
生理前に豆乳を飲むと、その分太ってしまう

生理後に体重が落ちるのは、豆乳のダイエット効果によって痩せたわけではありません。

体に溜まった水分が抜けるだけです。

そして、豆乳は高カロリーで、むしろダイエットに逆効果になる飲み物です。

効果があると思って積極的に飲んでしまうと、摂取カロリーが増え、体脂肪がどんどん増えてしまいます

水分が抜けて体重が減ったとしても、「豆乳のせいで、生理前より体脂肪が200g増えてしまった」ということになりかねません。

ボディメイクアップの女性のクライアントさんで、生理前にわざわざ豆乳を飲む方はいらっしゃいません。

そして、しっかりダイエットに取り組まれた方は、例外なく痩せています。

ダイエットに成功するポイントは、豆乳を飲むことではなく、別のところにあります。

次に、確実にダイエットに成功できる、ボディメイクアップの本物のダイエット方法を紹介します!

3.生理中に痩せるには

本物のダイエット方法をマスターすれば、生理中でもしっかり体脂肪を落とすことが出来ます。

体重の変化に惑わされず、生理中でも確実に痩せられる方法を紹介します!

3.1本物のダイエット方法

生理中のダイエット

ポイントpoint
摂取カロリー<消費カロリーの状態を作るのが、本物のダイエット方法

ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることです。

摂取カロリーは食事で摂るエネルギー、消費カロリーは体が使うエネルギーです。

摂取カロリー<消費カロリーにすることで、不足したエネルギーを体脂肪から使い、痩せていくのです。

参考記事:プロも選ぶ!99%痩せる本物のダイエット方法!!

3.2生理中でも痩せる方法

生理中のダイエット方法

ポイントpoint
カロリーをコントロールすれば、水分で体重が増えても、体脂肪は減る

摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることで、体脂肪は確実に減って痩せていきます。

ボディメイクアップのクライアントさんからも、「生理前に体重が増えて太ってしまいました・・・」という相談をよく受けます。

しかし、水分によって体重が増えたとしても、体脂肪が増えたわけでも太ったわけでもありません。

短期的に見ると、体重は体脂肪以外の要因で変動します。

ダイエット=体脂肪を減らす≠体重を減らす
なのです。

体重の増加と一緒に、体脂肪計の数値が増えているかもしれません。

しかし、そもそも体脂肪計は誤差が大きく、正確な体脂肪率を測れないので、特に気にする必要はありません。

参考記事:体脂肪計・体組成計は使うな!痩せる体脂肪率の使い方

水分によって一時的に体重が増えたとしても、体脂肪を減らせば、その分体は変わります

そして、短期的には水分で体重が増えたとしても、長期的に見ると、体脂肪を落とした分体重もしっかり減っていきます。

水分の増加によって生理前に体重が2kg増えたとしても、体脂肪を500g減らせば、生理後に体重は2.5kg減ります。

体重と体脂肪の推移

参考記事:生理とダイエットの正しい関係&生理中でも痩せる方法!

3.3豆乳の正しい飲み方

豆乳のカロリー

ポイントpoint
ダイエットでは豆乳をあまり飲まないようにする。
ただし、豆乳が好きなら飲み、その分他の食事のカロリーを抑える

カロリーがダイエットの本質と分かると、豆乳のダイエット効果と、どうダイエットに取り入れれば良いかが簡単に分かります。

豆乳を飲んでも、特に消費カロリーは上がりません。

一方、コーラ以上に高カロリーなので、摂取カロリーは上がってしまいます。

そのため、今までの食事に豆乳をプラスすると、ダイエットにはマイナスです。

豆乳は極力飲まず、水・お茶・ブラックコーヒー・ストレートティ・炭酸水など、カロリーがほとんどないものを飲む方が、ダイエットに効果的です。

ただし、【豆乳は禁止!】という訳ではありません。

トータルのカロリーを抑えられれば、何を飲んでも大丈夫です。

ボディメイクアップのクライアントさんも、NG食品なしでダイエットに成功されています。

豆乳が好きなら豆乳を飲み、その分、他の食事のカロリーを抑えましょう

カロリーがダイエットの本質と分かれば、好みに合わせて食事を楽しみながら、確実に痩せることが出来ます。

ぜひ、本物のダイエット方法をマスターして、楽しくダイエットを成功させましょう!

生理前の豆乳まとめ

生理と豆乳

いかがでしたでしょうか?

豆乳にダイエット効果はなく、積極的に飲むと、その分太ってしまいます。

豆乳は高カロリーなので、あまり飲まないようにするか、飲んだ分他の食事のカロリーを抑えましょう。

しっかりカロリーをコントロールして、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることで、生理中でもしっかり体脂肪を落として痩せることが出来ます。

水分で一時的に体重が増えたとしても、体脂肪を落とせば、しっかり体は変わります。

そして、長期的に見ると、体脂肪を落とした分体重もしっかり減っていきます。

本物のダイエット方法をマスターして、体重の変化に惑わされず、理想のスタイルと健康な体を手に入れましょう!

この記事のポイント

 生理前に豆乳を飲んでも、ダイエット効果はなく、むしろ逆効果

 生理前に体重が増えるのも、生理後に体重が減るのも、水分が原因

 体重は体脂肪と関係なく動く

 摂取カロリー<消費カロリーの状態を作れば、生理中でも体脂肪を落とせる

 トータルのカロリーの範囲内で、自由に食事・飲み物を楽しめる

この記事の疑問・ご質問があれば、下部のコメント欄に遠慮なくお寄せください。
ご要望や記事の感想もお待ちしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ボディメイクアップのトレーナーが
直接ダイエットをサポート!


オンライン・パーソナルトレーニングでは、ボディメイクアップのトレーナーから、LINE・メールで直接サポートを受けられます。

専属トレーナーの直接サポートで、プロも選ぶ本物のダイエット法を実践できます。

あなたの専属トレーナーと一緒に、楽しく理想の体を作っていきましょう!

詳細はこちら

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

follow us in feedly

ボディメイクアップの記事を検索

コメント

  1. かず より:

    カロリーゼロの食品、飲料はカロリー制限として意味がありますか?
    メリット、デメリットを教えてください。

    1. ボディメイクアップ 万代 崇 より:

      かずさま

      ご質問ありがとうございます。

      カロリーゼロの食品・飲料は、摂ってもカロリーが増えないという点で、ダイエットに効果的ですね。
      特に、普段摂っている高カロリーのものをカロリーゼロに変えた場合、摂取カロリーを抑えられてダイエットに効果的です。

      メリットは、何と言っても、カロリーを増やさずに食事ができる点ですね。
      デメリットは、お金がかかることと、頼りすぎると飽きることですかね。

      このデメリットは、どの食品にも共通ではありますが(笑)

      カロリーゼロ・低カロリーの人工甘味料が健康に悪いという情報は多いですが、根拠がない批判、間違った情報が多いかなと思います。

コメントを残す