ヨガのダイエット効果を徹底検証&効果的に痩せる方法!

ヨガのダイエット効果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
万代崇

ヨガはダイエットに効果があると言われ、モデルや女優にも取り入れている人がいる、人気のダイエットになっています。

しかし、ヨガをやって痩せている人には、ヨガ以外に痩せる秘密があります。

それができていないと、いくらヨガをやっても痩せることはできません。

誰でもダイエットに成功できるように、効果的なダイエット方法を紹介します。

1.ヨガのダイエット効果とは

ヨガは代謝をアップし、痩せやすい体になると言われ、人気のダイエットになっています。

しかし、ヨガの効果の真相はほとんど知られていません。

ヨガの効果を勘違いしてしまうと、いくらヨガをやっても体は変わらずに終わってしまいます。

ヨガの効果を正しく理解して、効果的なダイエット方法を実践しましょう。

1.1一般的に言われるヨガのダイエット効果

一般的に言われるヨガのダイエット効果

よく言われる、ヨガのダイエット効果はこういったものです。

 代謝が上がって痩せる
 汗をかき、むくみ解消やデトックスに効果的
 痩せやすい体になる
 有酸素運動なので脂肪を燃焼する
 インナーマッスルを鍛えられる
 筋肉が引き締まる

ヨガには、このような効果があるとよく言われます。

この中には正しいものもありますが、実は、ほとんどが間違っています。

こういった効果を信じてヨガをやっても、結局は痩せずに終わってしまいます。

ヨガの効果を徹底解明し、努力をすればしっかり体が変わる本物のダイエット方法を紹介します。

2.ヨガのダイエット効果7つの誤解

ヨガのダイエット効果を勘違いしてしまうと、努力をしてもカラダが変わらずに終わってしまいます。

ヨガの効果を勘違いして、ダイエットに失敗してしまわないように、ヨガの効果を徹底解明します。

2.1ヨガで代謝が上がって痩せる

ヨガで代謝が上がって痩せる

よくある勘違いが、【ヨガで代謝が上がって痩せる】というものです。

これを信じてヨガをやっても、実際は、ほとんど痩せることはできません。

クライアントさんでも、

「ヨガをやっていますが、全然痩せません。」

という悩みをお持ちの方がいらっしゃいました。

このような悩みを抱えてしまわないように、ヨガにはどれぐらいダイエット効果があるのか、分かりやすく解説します。

ヨガと代謝

よく、「ヨガで代謝が上がる」と言われます。

ところで、この【代謝】とは何かご存知でしょうか?

細胞の代謝や肌の代謝などがありますが、ダイエット言う代謝は少し意味が違います。

ダイエットでいう代謝は、細胞の入れ替わりのことではありません。

細胞の入れ替わりが活発になっても、特に痩せる効果はないですからね。

ダイエットでいう代謝とは、エネルギー消費のことです。

【代謝が上がる】とは、【消費カロリーが上がる】ということなのです。

では、ヨガで消費カロリーは上がるのでしょうか?

答えはYesです。

ヨガは体を動かすので、エネルギーを消費します。

そのため、「ヨガで代謝が上がる」というのは合っています。

ヨガで上がる代謝

よく、「ヨガで代謝を上げて痩せましょう」と言われます。

実際に、ヨガで代謝は上がります。

しかし、「具体的にどれぐらい代謝が上がるか」ということは、ほとんど紹介されません。

体重50kgの人が1時間ヨガをして、体脂肪何g分ぐらい代謝が上がると思いますか?

A. 10g
B. 50g
C. 100g
D. 500g

正解は、Aです。

体脂肪たった10gちょっとの分しか代謝が上がらないのです。

体重50kgの人が1時間ヨガを行って上がる代謝は、100kcalぐらいです。

ヨガで痩せられるか

体重50kgの人が1時間ヨガをやっても、代謝は100kcalぐらいしか上がりません。

これは、体脂肪にすると10g分です。

そうすると、体脂肪を1kg落とすには、ヨガを100時間もやる必要があるということです。

1日1時間やっても3か月以上かかってしまうのです。

やり方によって多少消費カロリーは違いますが、多くてもこの倍程度です。

ヨガはダイエットに効果的とよく言われますが、実は、この程度しかダイエット効果がないのです。

そのため、ヨガで痩せるというのは現実的ではありません。

ヨガをやって痩せた人には、ヨガ以外に痩せた秘密があるのです。

ヨガよりももっと効果的なダイエット方法を実践することで、簡単に痩せることができます。

2.2ヨガはむくみ解消やデトックス効果がある

ヨガはむくみ解消やデトックス効果がある

ヨガ、特にホットヨガでは、かなり汗をかきます。

「ヨガは汗をかいて代謝が良くなり、むくみ解消やデトックスにも効果がある」と言われることがあります。

汗と代謝

果たして、ヨガで汗をかくと、代謝は良くなるのでしょうか?

この「代謝が良くなるか」というのは、先ほど説明したとおりです。

確かに、ヨガで代謝は上がりますが、その効果はごくわずかです。

そして、代謝は、汗をかくと良くなるものでもないのです。

カロリー消費は、体を動かすことによって上がります。

汗をかくかどうかは関係ありません。

どれだけ体を動かすかによって、消費カロリーは決まります。

室内の温度も、汗も、代謝には特に影響しないのです。

ちなみに、汗をかいて体重が減るのは、水分が減っただけです。

体重が減った分、体脂肪が減っているわけではありません。

そして、この体重が減った分は、水分を摂るとすぐに戻ります。

参考記事:ホットヨガのダイエット効果を徹底解明&痩せるやり方!

汗とむくみ解消

ヨガで汗をかくと、むくみは解消するのでしょうか?

一般的にむくみは、筋肉を動かさないことによって、一時的に水分がたまることが原因です。

これの解決策は、筋肉を動かすことです。

だいたいの場合、筋肉を動かすことで、たまっていた水分が流れていきます。

汗をかいて一時的に水分を減らすことは、むくみにはあまり影響しません。

ずっと椅子に座っていてふくらはぎがむくんだ場合、少し歩いてみましょう。

だいたいの場合、それでむくみは解決します。

参考記事:ふくらはぎを細くするのに効果的な簡単ダイエット方法!

汗とデトックス効果

「汗をかいたり水をたくさん飲むと、体の毒素を排出して、デトックス効果がある」と言われます。

このデトックスというのはよく目にしますが、実は、ちゃんとした根拠はないのです。

ヨガで汗をかいて、実際に体調が良くなるなら、ヨガをするのは良いと思います。

ただし、その場合も、ダイエット効果とは全く別の効果ということを理解しておきましょう。

参考記事:岩盤浴はダイエットに効果的!?確実に痩せる方法!

2.3ヨガは脂肪燃焼効果がある

ヨガは脂肪燃焼効果がある

「ヨガは呼吸をしながら行う有酸素運動なので、脂肪燃焼効果がある」と言われます。

確かに、ヨガは有酸素運動で、脂肪を燃焼します。

ただし、ヨガに特別な効果があるというわけではありません。

ヨガの脂肪燃焼効果

ヨガは有酸素運動です。

そして、脂肪燃焼効果もあります。

しかし、これは、別にヨガだけの特別な効果ではありません。

ウォーキングも家事も心臓を動かすのも有酸素で、脂肪燃焼効果があります。

ほとんどすべての活動は有酸素で、脂肪を使っているのです。

大事なのは、「脂肪燃焼効果があるか」ではなく、「どれぐらい脂肪を燃焼するか」です。

そして、ヨガの具体的な効果は、1時間で体脂肪を10g減らす程度の効果なのです。

有酸素運動とは

ヨガは有酸素運動です。

しかし、「ヨガは呼吸をしながら行うので有酸素運動」と言うのは間違っています。

有酸素運動は、呼吸をしながらやるから有酸素と言うのではありません。

呼吸を止めてやっても、ヨガは有酸素運動です。

有酸素運動とは、エネルギーを作るときに酸素を使う運動のことです。

ヨガのようにゆるい運動は、呼吸を止めて行っても、酸素を使ってエネルギーを生み出すので、有酸素のままなのです。

2.4ヨガでインナーマッスルが鍛えられる

ヨガでインナーマッスルが鍛えられる

「ヨガでインナーマッスルを鍛えましょう」と言われることがあります。

確かに、ヨガでインナーマッスルが鍛えられる場合もあります。

しかし、ダイエット・ボディメイクのために、インナーマッスルを鍛える必要はありません。

インナーマッスルによるボディメイク

野球の投手の場合、肩のインナーマッスルを鍛えると、故障を防止する効果があったりします。

しかし、見た目を変えるためにインナーマッスルを鍛える必要はありません。

インナーマッスルとは、筋肉の下にある筋肉です。

隠れている筋肉なので、インナーマッスルを鍛えても、特に体のラインは変わりません

ボディメイクで、インナーマッスルを鍛える意味はほとんどないのです。

インナーマッスルと基礎代謝

「インナーマッスルを鍛えて、基礎代謝を上げましょう」と言われることもあります。

しかし、インナーマッスルを鍛えても、基礎代謝はほとんど上がりません。

インナーマッスルは、筋肉の下にある小さい筋肉です。

この小さい筋肉を鍛えても、増える筋肉は少しだけで、ほとんど代謝も上がらないのです。

筋肉は、1kg増やして、基礎代謝が1日に10~30kcal増えるぐらいです。

しかも、脚・胸・背中などの大きい筋肉を鍛えても、筋肉を1kg増やすには、男性で1ヶ月・女性で2ヶ月ぐらいかかります。

小さいインナーマッスルだと、もっとゆっくりのペースでしか増えません。

数か月かかってインナーマッスルを鍛えても、ほんの少ししか基礎代謝は上がらないのです。

これで痩せるというのは、現実的ではありません。

体脂肪を減らすためには、もっと効果的な方法があります。

参考記事:バランスボールで効果的にダイエットする正しい使い方!

2.5ヨガで痩せやすい体になる

ヨガで痩せやすい体になる

「ヨガをやると、体質が改善して、痩せやすい体になる」と言われることがあります。

痩せやすい体になるとすれば、ダイエットはやりやすくなります。

ヨガをすると、本当に痩せやすい体になるのでしょうか?

痩せやすいカラダとは

ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーにすることです。

これが出来れば体脂肪は減ります。

これが出来なければ、何をしても体脂肪は減りません。

そのため、「痩せやすい体」になるためには、このどちらかが必要です。

 カロリーを吸収しづらい体になる
 カロリーを消費しやすい体になる

ヨガでこのどちらかの体質になれば、痩せやすい体になれます。

カロリーの吸収

体のカロリーの吸収率は、約95%です。

人の体は、カロリーをしっかりと吸収するようにできているのです。

これは、ヨガをしたからといって下がるものではありません

ヨガをやっても、特にカロリーを吸収しづらいカラダにはならないのです。

カロリーの消費

ヨガをやっても、特にカロリーを吸収しづらいカラダにはなりませんでした。

それでは、ヨガをやると、カロリーを消費しやすい体になるのでしょうか?

ヨガをやると、体を動かすため、消費カロリーは少し上がります。

ただし、体を動かす以上には、消費カロリーは上がりません。

上がる消費カロリーは、ヨガで運動した分だけです。

インナーマッスルを鍛えても、姿勢が変わっても、汗をかいても、普段の消費カロリーはほとんど変わりません。

つまり、ヨガをやっても、カロリーを消費しやすいカラダにはならないのです。

ダイエットの情報

ヨガをやっても、特に痩せやすいカラダにはなりません。

「代謝が上がる」「体質が改善する」「痩せやすい体になる」と言った効果は、いいかげんに使われることがよくあります。

ダイエット効果は、根拠もなく、なんとなくのイメージで語られることが多いのです。

こういったことは、ヨガに限ったことではなく、ダイエットの情報全般であります。

こういう情報を信じてしまうと、いくら努力をしても、体は変わらずに終わってしまいます。

ダイエット情報にあふれるウソにダマされず、確実にカラダを変えられるように、この記事で正しいダイエット方法を紹介します。

2.6ヨガで筋肉が引き締まる

ヨガで筋肉が引き締まる

「ヨガで筋肉を鍛え、筋肉を引き締めましょう」と言われることがあります。

果たして、ヨガに筋肉を引き締める効果はあるのでしょうか?

筋肉を引き締めるとは

【筋肉を引き締める】というのは、どういうことかご存知でしょうか?

【筋肉を引き締める】という言葉も、イメージだけで、曖昧に使われることがほとんどです。

茹でたうどんを冷水で締めるように、ゆるんだ筋肉がギュッと締まることはありません。

【筋肉を引き締める】というのは、【筋肉が細くなる】ということです。

しかし、筋肉は、運動をして細くなるものではありません。

ヨガで筋肉が引き締まって細くなることはないのです。

また、筋肉を使った部分の体脂肪が、優先的に落ちるということもありません。

体脂肪が落ちるときは、全身まんべんなく落ちていきます。

つまり、脂肪を落として細くなるためにも、特にヨガは必要ないのです。

ヨガよりももっと効果的なダイエットを実践することで、全体的に痩せていくことができます。

筋肉によるボディメイク

筋肉を鍛えるということは、筋肉を太くするということです。

筋肉を鍛えて、ギュッと引き締まって細くなるものではありません。

【筋肉が太くなる】ということは、多くの男性にとっては望ましいことだと思います。

一方、女性にとっては、【太くなる】ということには抵抗があるかもしれません。

しかし、女性も適度に筋肉をつけることで、メリハリのあるキレイな体になれます

例えばこちらの画像を見ると、全体的に細くても、太ももなんかはけっこう筋肉がついているのが分かります。

ミランダ・カー
画像出典:ellegirl.jp

部位やバランスを考えて筋肉をつけることで、より美しい、メリハリのある体を作れるのです。

そして、筋肉をつけるのに効果的な運動は、筋トレです。

筋トレ以外の方法だと、筋肉つける効果は低くなってしまいます。

ヨガも、ゆるい運動なので、あまり筋肉をつける効果はありません。

筋肉によるボディメイクをするには、筋トレを行いましょう。

参考記事:ダイエットと筋トレで美しい体を作る!キレイに痩せる方法

2.7ヨガでモデルのようなスタイルになれる

ヨガでモデルのようなスタイルになれる

ヨガは、実践しているモデルや女優の方もいます。

そういった方が実践していると、「ヨガをするとモデルや女優のようなスタイルになれる」と思ってしまうかもしれません。

しかし、これはイメージ戦略なのです。

「ヨガをやってキレイなスタイルになった」のではなく、「キレイなスタイルの人がヨガをやっているだけ」なのです。

ヨガには、リラックス効果や柔軟性を上げる効果はあると思います。

しかし、体のラインを変える効果はほとんどありません。

ヨガをやってスタイルが良くなったのではなく、他の方法で良いスタイルを作った人が、ヨガもやっているだけなのです。

キレイな体を作る方法は、他にあります。

その方法を実践すれば、モデルや女優など、憧れのスタイルに近づくことができます。

誰でも簡単に体を変えられる方法を、これから紹介します。

3.効果的なダイエット方法

効果的なダイエット方法を実践すれば、ヨガを行わずに、痩せてキレイなスタイルを作ることができます。

ヨガをやっていても、この方法が実践できていないと、ほとんどスタイルは変わりません。

確実にカラダを変えられるように、誰でも実践できる効果的なダイエット方法を紹介します。

3.1誰でもできるダイエット方法

誰でもできるダイエット方法

ダイエットの本質

体脂肪を落とすために必要な、ダイエットの本質がこちらです。

これができれば、体脂肪を落とすことができます。

逆に、これができていないと、何をやっても体脂肪を落とすことができません。

摂取カロリー<消費カロリー

これが、ダイエットの本質です。

簡単で、当たり前のようですが、意外と意識できていないことがよくあります。

体脂肪はカロリーのカタマリなので、摂取カロリー<消費カロリーにすると、自然と体脂肪を使って痩せていきます。

摂取カロリーを下げるには食事のカロリーを抑えること、消費カロリーを上げるには体を動かすことです。

参考記事:脂肪燃焼の7つの誤解を解消&効果的なダイエット方法!

ヨガのダイエット効果

ヨガは、少し消費カロリーを上げる効果があります。

消費カロリーを上げるので、摂取カロリー<消費カロリーを作りやすくなります。

しかし、ヨガはあまり消費カロリーが大きくありません。

そのため、ダイエットに効果はありますが、その効果的は小さいものです。

また、ヨガ以外でも、運動は時間や体力を使う割に、そんなに消費カロリーは上がりません。

体重50kgの人が体脂肪を1kg落とすには、ランニングで150km、ウォーキングだと300kmが必要になってしまいます。

これでは、なかなか体が変わらずに、モチベーションも下がってしまいます。

そこで、効果的にダイエットをするには、食事のカロリーを抑えるようにしましょう。

【食事を変えてカロリーを抑える】ことで、簡単にダイエットができます。

参考記事:痩せたかったら運動するな!運動ゼロのダイエット方法!

食事を変える

効果的にダイエットをするポイントは、【食事を変えてカロリーを抑える】ことです。

【カロリーを抑える】というと、食べてはいけないのかと思ってしまいます。

しかし、簡単にダイエットをするコツは、【食べない】ことではなく、【食事を変える】ことです。

同じような食事でも、カロリーが低いものに変えることで、量を減らさずにダイエットができます。

例えばステーキを食べる場合、牛サーロインや牛ロースではなく、牛ヒレやチキンにしてみましょう。

これだけで、ステーキ100gにつき400kcal→200kcalぐらいと、カロリーを50%カットできます。

さらに、チキンの皮を取れば、もう100kcalカットできます。

少し食べるものを変えることで、75%もカロリーをカットできるのです。

食事全体のカロリーを抑えればよいので、食べてはいけないものもありません。

ボディメイクアップのクライアントさんも、ほとんどの方が、ダイエット中にお菓子やケーキなんかを食べています。

コツをつかめば、食事を楽しみながら、1日に600~700kcalカットできます。

これを1ヶ月続けると、2.5~3kgぐらい体脂肪を落とすことができます。

参考記事:確実に痩せる方法!2ヶ月で6kgダイエットする3ステップ

3.2効果的なボディメイク方法

効果的なボディメイク方法

体脂肪を落とすコツは、食事を変えてカロリーを抑えることです。

筋肉によるボディメイクをするには、これと合わせて、2つのことを行いましょう。

ボディメイクのポイント

筋肉によるボディメイクをするポイントは、この2つです。

 筋トレ
 タンパク質摂取

この2つが、筋肉をつけるポイントです。

効果的な筋トレ

筋肉をつけるには、筋トレが効果的です。

他の運動だと、あまり筋肉はつきません。

筋トレも、中途半端に行うと、効果が低くなってしまいます。

しっかり重いウエイトを上げる筋トレを行いましょう。

初心者なら、週に2回、1回30分ぐらいで、効果的に筋トレができます。

参考記事:確実に筋肉が成長する筋トレ実践方法!

タンパク質の摂取

タンパク質は、筋肉を作る材料です。

そして、タンパク質はたくさん摂ることで、筋肉をつける効果があります

筋肉によるボディメイクをするために、タンパク質を摂る目安がこちらです。

体脂肪量体重1kgにつき
摂るタンパク質
体脂肪:少ない2.0g
体脂肪:普通1.75g
体脂肪:多い1.5g

体脂肪を減らしながら筋肉によるボディメイクをするためには、カロリーを抑えながらタンパク質を摂るのが効果的です。

ボディメイクに効果的な食事が、高タンパク低カロリーなのです。

しっかり食事を管理して、筋トレを行えば、誰でも憧れのスタイルに近づくことができます。

参考記事:高タンパク低カロリーの食品109選!

ヨガのダイエット効果まとめ

ヨガのダイエット効果まとめ

ヨガには、リラックス効果や柔軟性を高める効果はあっても、ダイエット・ボディメイクにはあまり効果がありません。

ヨガをやっていてスタイルが良い人は、ヨガをやっているからスタイルが良いのではありません。

効果的にダイエットをするには、食事を変えてカロリーを抑えるようにしましょう。

本当に効果的なダイエットを実践すれば、ヨガをやらなくても、どんどん体が変わっていきます。

間違った情報にダマされず、正しいダイエットを実践して、理想のスタイルを手に入れましょう。

この記事のポイントまとめ

 ヨガはダイエットにあまり効果がない

 食事を変えて摂取カロリー<消費カロリーにするのが、ダイエットに効果的

 筋トレとタンパク質摂取を行うのが、ボディメイクに効果的

この記事が役に立った場合、SNSでシェアしていただきますと、多くの方に有用な情報を届けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

follow us in feedly

【ボディメイクアップ】の記事を検索

コメントを残す