生理前に体重が増加して太る、本当の原因&対応策!

生理前の体重の増加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
万代崇

生理前にいつも1~2kg太ってしまうと悩んでいませんか?

生理中・前に体重が増えて太ってしまう、という悩みを抱えている女性は多くいます。

生理に関連して体重が増加する原因は、ホルモンバランスの変化など色々と紹介されます。

しかし、本当の原因はほとんど知られていません

そのせいで、「豆乳を飲むと良い」など、効果がないどころか逆効果の方法が紹介されたりします。

生理前に体重が増える本当の理由を知っていれば、その対応策も簡単に分かります。

この記事で、生理で体重が増えるメカニズムと、効果的な対応方法を紹介します!

1.生理前・中に体重が増加して太る理由

生理前に体重が増えて太る原因としては、ホルモンバランスの変化・基礎代謝の低下など、さまざまな理由が言われます。

しかし、本当の理由を説明できている情報はほとんどありません。

まずは、よく目にする情報の真相をお伝えします。

1.1ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化

生理前に太る理由として、「プロゲステロンやインスリンといったホルモンが増加して、脂肪を貯えようとする」というものがよく紹介されます。

だいたいの情報で、【ホルモンバランスの変化が原因】という説明がされます。

しかし、生理前に体重が増えるのは、ホルモンバランスの変化によって太るからではありません

「ホルモンバランスで太りやすくなる」と言われる時に、「具体的にどれぐらい影響があるか」ということは、ほとんど紹介されません。

実は、説明する方も、具体的な影響を知らずに言っているのです。

ダイエットでは、いい加減な情報、間違った情報があふれています。

本物の情報を見つけるポイントの1つは、「具体的な影響・効果を説明しているか」ということです。

女性は、生理周期によって、ホルモンの影響などで基礎代謝が変化します。

この影響は、個人差が大きいですが、だいたい10%ぐらいです。

参考論文:Impact of the menstrual cycle on determinants of energy balance: a putative role in weight loss attempts.

成人女性の基礎代謝の平均は、1,100kcalぐらいです。

そのため、生理中・前の1日の基礎代謝の低下は、100kcal程度なのです。

これは、ごはん1/3杯ぐらいのカロリーです。

具体的な影響は、体脂肪たった15g分程度なのです。

消費カロリー全体でも、100~200kcal程度です。

ホルモンバランスの変化による消費カロリーの減少はありますが、実際の影響はかなり小さいのです。

参考記事:ダイエットに成功する基礎代謝の活用法、完全ガイド!

1.2生理前は栄養を吸収しやすい?

生理前は栄養を吸収しやすい

「生理前は、ホルモンの変化によって栄養を吸収しやすくなり、脂肪を溜めやすい体になる」と言われることがあります。

これも同様に、具体的な影響を見ると、間違っているということが分かります。

脂質・糖質・タンパク質など、カロリーを持つ栄養素の吸収率は、平均して約95%です。

普段から、食事で摂ったものをほぼ全て体に吸収しているのです。

そして、95%が人体の限界なので、実際は栄養の吸収率が上がったりはしません

そのため、生理前に栄養の吸収率が上がって太る、ということはないのです。

1.3生理前は食欲が増える

生理前は食欲が増える

生理前になると、食欲が増えて、特に甘いものが食べたくなるということがよくあります。

それが原因で、摂取カロリーが増え、体脂肪が増えやすいというのは事実です。

ただ、少し食べたからといって、短期間で体脂肪が1~2kg増えたりしません

体脂肪は、1kgで7,000~7,500kcalのカロリーを持ちます。

太るのは、摂取カロリー>消費カロリーになり、余った脂質が体脂肪に合成されるからです。

そのため、体脂肪を1kg増やすには、摂取カロリーを消費カロリーより約7,000kcal多く摂らないといけないのです。

もちろん食べ過ぎには注意ですが、少し食欲が増えたからといって、短期間でこんなに摂取カロリーが増えることはほとんどありません。

せいぜい、1日に+200kcal程度です。

200kcalだと、影響は体脂肪25gぐらいです。

消費カロリーの低下と併せても、影響は50gちょっと程度しかありません。

生理前は、1日で1kgぐらい体重が増えることもあります。

ただ、1日で1kg体脂肪を増やそうと思ったら、ステーキ1kgと米12合ぐらい食べる必要があります。

ダイエットを頑張っても食べ過ぎても、体脂肪は多くて1日に100g程度しか変動しません

生理前に増える体重は、ほとんどが体脂肪以外の影響なのです。

2.生理前に体重が増えるメカニズム

生理前に体重が増えるメカニズム

生理前に体重が1~2kg増えるのは、体脂肪が増えて太ったからではありません。

ほとんどが水分の影響なのです。

水分は体脂肪よりもはるかに変動しやすいものです。

体脂肪は多くても1日に100g程度しか変わりません。

一方、水分は簡単に1~2kg変動します

食品も約8割が水分で、1日に2~4kg水分を摂っています。

そして、生理前は体が水分を溜めやすくなります

その影響で、体重が増加するのです。

体脂肪計で測ると、体脂肪率・量も増えているかもしれませんが、それは体脂肪計の誤差です。

体脂肪計は誤差が大きく、体重以外、全然正確な数値を測れないのです。

ボディメイクアップのダイエット方法では、体脂肪計は体重計として使います。

生理前に体重が増加するのは、水分が増えることが本当の原因です。

そして、生理後が痩せ期というわけでもありません。

生理後に体重が落ちるのも、生理前に増えた水分が抜けるからです。

生理前後に水分で体重が変化しても、それは太ったわけでも痩せたわけでもないのです。

ボディメイクアップの女性のクライアントさんからは、ダイエットの経過をチェックするときに、「生理が終わって、体重が落ちてからお願いします!」なんて依頼も来たりします。

見かけの数字が変わるだけなので、残念ながらそれは却下しますが(笑)

生理前後の体重の変化というのは、単に水分が変化しているだけなのです。

参考記事:ダイエットに成功できる体重計の正しい使い方!

3.生理前・中に太る対応策

生理前に水分で体重が増えることの対応策は、簡単です。

気にしないことです。

体重は増えても太ったわけではなく、水分は自然に増えるものなので、特に気にする必要がないのです。

3.1ダイエット≠体重を減らす

ダイエット≠体重を減らす

ダイエットの目的は、体重を落とすことではありません。

ダイエットの目的は、体脂肪を落とすことです。

キレイなスタイルや健康な体を作るために、体脂肪を落とすことが、ダイエットの目的です。

体重を気にするのは、体脂肪の目安となるからのはずです。

もし、重力がなくなって体重がなくなったとすれば、誰も体重を気にしなくなります。

そうなったとしても、スタイルを良くするために、体脂肪を落としたいと思うはずです。

体重は、あくまでも目安に過ぎません。

そして、その目安が水分で動いても、体脂肪が増えていないなら、特に気にする必要はありません。

大切なのは、体重ではなく体脂肪です。

体重ばかり気にすると、ムダな方法や、むしろスタイルが悪くなる方法を実践してしまうこともあります。

体重はあくまでも目安と考えて、水分による変動を気にしすぎないようにしましょう。

参考記事:生理とダイエットの正しい関係&生理中でも痩せる方法!

3.2生理前・中の豆乳が効果的?

生理前の豆乳が効果的?

生理前に太る対策・生理後に痩せる方法として良く紹介されるのが、豆乳です。

豆乳を飲むと、イソフラボンが摂れて女性ホルモンが増え、痩せやすくなると言われます。

しかし、これは間違った情報です。

豆乳に特別なダイエット効果はありません

参考論文:Effect of Soymilk Consumption on Waist Circumference and Cardiovascular Risks

そして、実は豆乳は100gで46kcalと、コーラとほぼ同じカロリーがあります。

ダイエットに効果的と思って豆乳をたくさん飲むと、逆効果になってしまうのです。

そもそも、生理前に体重が増えるのも、生理後に体重が減るのも、体脂肪ではなく水分の変動です。

そのため、変に体重を増やさない・減らす方法を実践しても、残念ながらムダに終わってしまうのです。

そして、生理前に体重が増加することを特に気にする必要はありません。

ダイエットの本当の目的と、体重の正しい意味を知っていれば、数字の変化や間違った情報に惑わされなくなります。

参考記事:生理中に豆乳を飲むと逆効果?生理中に痩せる方法!

生理と体重増加まとめ

生理と体重の増加

いかがでしたでしょうか?

生理前の体重の増加は、特に気にしなくて大丈夫です。

少々食べ過ぎたとしても、体脂肪は短期間で大きく増えないので、気にしすぎる必要はありません。

もちろん、食べすぎには注意しましょう。

ただ、食欲が増えたり甘いものが食べたいなら、少々食べても大丈夫です。

トータルのカロリーが大事なので、他のものを減らして甘いものを食べたり、生理が終わってから節制するという方法もあります。

短期間での体重の変動を気にしすぎると、間違った方法・逆効果のない方法を実践してしまいがちです。

生理前に体重が増加するメカニズムを知って、効果的なダイエットを実践し、理想のスタイルと健康な体を手に入れましょう!

この記事のポイントまとめ

 生理前に体重が増えるのは、ほとんど水分が原因

 脂肪は短期間ではそれほど増えない

 ホルモンの変化は影響が小さい

 生理前に豆乳を飲んだり、特別な食事をする必要はない

 生理前に水分で体重が増えるのは気にしない

この記事の感想や疑問などを、下部のコメント欄でお受けしています。

この記事が役に立った場合、こちら↓のボタンでシェアしていただきますと、多くの方に有用な情報を届けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

専属トレーナーのマンツーマン指導を受けられます

オンラインパーソナルトレーニングで、ボディメイクアップの専属トレーナーのマンツーマン指導を受けられます。

専属トレーナーのマンツーマン指導により、ボディメイクアップのダイエット法を実践できます。

オンラインのため、いつでもどこでも指導を受けられます。

プロにも指導を行うトレーナーが、二人三脚で徹底サポートし、ダイエット・ボディメイクを成功に導きます!


オンラインパーソナルトレーニング紹介へ

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

follow us in feedly

【ボディメイクアップ】の記事を検索

コメントを残す