フラフープのダイエット効果の真相&確実に痩せる方法!

フラフープダイエット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
万代崇

ダイエットのためにフラフープを実践している、または実践しようと考えていませんか?

「フラフープは10分に100kcalも消費する、ダイエットに効果的な運動!」と言われることがあります。

しかし、目にするフラフープのダイエット効果には、間違った説明が多くあります

そのせいで、「毎日フラフープをやっているのに、全然痩せない・・・」と悩んでしまうこともあります。

フラフープの正しい効果と、効果的なダイエット方法が分かっていれば、ダイエットに成功するのは難しいことではありません。

この記事で、フラフープの本当の効果、そして誰でも痩せられる方法を紹介します。

1.フラフープの消費カロリー

フラフープは体を動かすので、カロリーを消費します。

カロリーを消費することで、体脂肪をエネルギーとして使い、痩せる効果があります。

まずは、フラフープで、具体的にどれぐらいカロリーを消費するかを紹介します。

1.1フラフープの消費カロリー計算

フラフープの消費カロリーの計算

運動で消費するカロリーは、運動量と比例します。

消費カロリーは、こちらの計算式で把握できます。

体重(kg)×(メッツ-1)×時間(h)

フラフープを普通にやると4メッツ、速く回すと6メッツぐらいです。

参考論文:www.ncbi.nlm.nih.gov
参考:www.ncbi.nlm.nih.gov

消費カロリーの計算式と、体重50kgの人が1時間フラフープをした場合の目安がこちらです。

スピード計算式消費カロリー
普通体重×3×時間150
キツイ体重×5×時間250

1.2 10分で100kcal消費する?

フラフープのダイエット効果のウソ

ネットなどでは、「フラフープは10分で100kcal消費する」といった情報があります。

これは、ただのデマです。

10分で100kcalだと、体重100kgぐらいある人が、かなりハードにフラフープを回す必要があります。

1.1フラフープの消費カロリーの計算で紹介したとおり、フラフープのメッツは4~6ぐらいです。

4メッツで10分間行った場合、消費するカロリーは、体重50kgの人で25kcal、70kgの人で35kcalです。

つまり、実際は1/3~1/4程度しか消費しないのです。

体重50~70kgの人が、10分で100kcal消費しようと思ったら、9~12メッツぐらい必要です。

12メッツにもなれば、50mを12秒で走るのとほぼ同じぐらいハードな運動です。

これだけハードな運動だと、アスリートでもなかなか10分は続きません。

そのため、フラフープを普通にやっていて、10分で100kcal消費するということはまずありません。

参考記事:消費カロリーの正確な計算方法&効果的なダイエット法!

1.3フラフープのやり方

フラフープのやり方

フラフープの消費カロリーを上げる方法は、唯一、運動量を上げることです。

運動量を上げるには、強度を上げるか、時間を増やすことが必要です。

具体的には、①速く回す、②重いフラフープを使う、③時間を増やすのいずれかが必要です。

消費カロリーは運動量に比例するので、フラフープの効果を高めるには、地道に労力をかける必要があります。

参考記事:消費カロリーをこう使えば、ダイエットは成功する!

2.フラフープのダイエット効果

フラフープは腰や下半身を使うので、くびれを作ったり、下半身の引き締め効果があると言われます。

ただ、この効果を期待してフラフープを行っても、思った通りに体が変わらないことがほとんどです。

努力をしたのに体が変わらないことのないように、フラフープの正しいダイエット効果をお伝えします。

2.1部分痩せ効果

フラフープの部分痩せ効果

ランニングや自転車に脚痩せ効果があると言われたり、腹筋にお腹の脂肪を落とす効果があると言われたりします。

「筋肉を使った部分の脂肪が落ちる」というイメージは定着していて、そのような指導を行うトレーナーも多くいます。

しかし、実際は、筋肉を動かしても特に部分痩せ効果はありません

筋肉を動かす時にエネルギーとなる体脂肪は、血液によって運ばれてきた、全身の体脂肪だからです。

腹筋を使ったからお腹の脂肪が減る、という訳ではないのです。

ホルモンなどの影響で、脂肪が落ちやすい部位・落ちにくい部位というのはあります。

ただ、基本的に、脂肪は全身まんべんなく落ちていくのです。

参考記事:エクササイズ不要で成功できる、下半身痩せダイエット!

2.2引き締め効果

フラフープの引き締め効果

フラフープには、下半身やお腹の引き締め効果があると言われたりもします。

しかし、部分痩せが出来ないのと同じで、筋肉を動かしても特に引き締め効果はありません

筋肉を使ったからといって、筋肉がギュッと引き締まることはありません。

そして、筋肉を鍛えるのは、むしろ筋肉を太くする行為です。

そのため、筋肉を使って、細く引き締まるということはないのです。

そして、筋肉が付いても、その部分の脂肪が優先して減るわけではありません。

やはり、脂肪を使う時は、全身の脂肪を使っていくからです。

フラフープなどの運動に、特別なダイエット効果はありません。

運動のダイエット効果は、「カロリーを消費して体脂肪を燃焼する」という1点なのです。

参考記事:脂肪燃焼の7つの誤解を解消&効果的なダイエット方法!

3.フラフープの筋トレ効果

フラフープはカロリーを消費するので、ダイエット効果があります。

また、フラフープはお腹や背中などの筋肉を使い、ある適度筋トレ効果もあります。

この筋トレ効果によって、ダイエット・ボディメイクにどのような影響があるのかを紹介していきます。

3.1フラフープと筋肉

フラフープと筋肉
フラフープは脚・お尻・お腹・腰(脊柱起立筋)の筋肉をよく使います。

軽い運動だとあまり筋トレ効果はありませんが、運動の強度を上げることで、筋トレ効果も得られます。

ただ、フラフープだと、強度を上げても、ウエイトを使った筋トレよりは効果が低くなります。

筋トレ効果としては、このようになります。

ウォーキングなどの軽い運動>フラフープ>>筋トレ

ちなみに、筋肉を付けることに、あまりダイエット効果はありません。

よく、「筋肉を付けて基礎代謝を上げて痩せましょう!」と言われます。

しかし、筋肉をやっと1kgつけても、上がる基礎代謝は10~30kcal/日程度です。

筋肉を付けることは、長期的に見て、太りづらい体を作るには有効です。

ただ、目に見える体の変化はほぼ起こりません。

筋肉量が多いボディビルダーでも、体脂肪を落とす時は、食事の管理や有酸素運動を行っています。

筋肉は、ダイエットのためではなく、体のラインを作るために付けましょう。

参考記事:確実に筋肉が成長する筋トレ方法!

3.2筋肉によるボディメイク

筋肉によるボディメイク

バランスを考えて適度に筋肉を付けることで、男性・女性とも、キレイな体を作ることが出来ます。

筋肉を付けても細くはなりませんが、ハリが出ることで、脂肪が薄く見える効果もあります。

フラフープでは、特にお腹・腰回りの筋肉を鍛えることが出来ます。

ただ、脇腹の腹斜筋を鍛えるのは、少し注意が必要です。

この部分の筋肉を鍛えると、くびれが出来ると思われがちです。

しかし、実際は逆です。

腹斜筋を鍛えるほど、筋肉が盛り上がって、くびれがなくなっていきます

くびれと腹斜筋

フラフープはそれほど筋トレ効果が高くなく、ちょっとやったぐらいでムキムキになることはありません。

ただ、くびれを作りたい人は、あまり腹斜筋を鍛えないように気を付けましょう。

参考記事:誰でも効率的にシックスパックを作れる食事&筋トレ方法!
参考記事:ダイエットと筋トレで美しい体を作る!キレイに痩せる方法

4.フラフープのメリットデメリット

フラフープには、体脂肪を落としたり、ある程度筋肉を付ける効果があります。

そして、フラフープでダイエット・ボディメイクをするには、メリットもデメリットもあります。

メリットだけでなく、デメリットもしっかり理解していないと、「頑張っているのに全然痩せない・・・」という悩みを抱えてしまいがちです。

そのようなことのないように、フラフープの特徴、メリット・デメリットを紹介します。

4.1フラフープのメリット

メリット

フラフープのメリットは、手軽に出来ることです。

フラフープ1つで、庭先や、スペースがあれば家の中で実践できます。

家の中で出来れば、天候にも左右されず、テレビを見ながら運動することもできます。

また、ウォーキングやランニングといった単純な運動よりも、楽しく実践できます。

4.2フラフープのデメリット

デメリット

フラフープの大きなデメリットは、なかなか痩せないということです。

フラフープはしっかりカロリーを消費する運動です。

それでも、体重50kgの人が体脂肪を1kg落とそうと思ったら、50時間ぐらい必要です。

1秒に2回で回すとして、35万回も回す必要があるのです。

体脂肪は1kgで7,000~7,500kcalのカロリーがあります。

運動で体脂肪を落とすには、これだけカロリーを消費する必要があるのです。

こちらが、フラフープで体脂肪を1kg落とすのに必要な、体重ごとの運動時間の目安です。

体重時間
40kg60h
50kg48h
60kg40h
70kg35h
80kg30h

フラフープにはダイエット効果がありますが、これで痩せようと思ったら、気が遠くなるような回数・時間が必要です。

実は、フラフープは効果が低く、痩せにくいダイエット方法なのです。

努力をしてもなかなか体は変わらず、モチベーションも落ちてしまうので、なかなか続けられるものではありません。

それでは、ダイエットは尋常じゃない努力が必要かというと、そういう訳ではありません。

ダイエットの本質を押さえ、効果的な方法を実践すれば、フラフープよりもはるかに効率的に痩せることが出来ます。

参考記事:痩せたかったら運動するな!?運動ゼロのダイエット方法!

5.効果的なダイエット

効果的なダイエット方法

運動はダイエットに効果のある方法です。

しかし、労力が必要な割に、あまり効果は高くありません。

これはフラフープに限ったことではなく、運動は全般的に効果が低いのです。

そして、運動は唯一のダイエット方法ではありません。

ダイエットで最も大事なのは、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることです。

この状態を作れば、不足したエネルギーを体脂肪から使って、痩せていくのです。

このカロリーバランスが、ボディメイクアップが提唱するダイエットの本質です。

そして、運動をして消費カロリーを高めることは、この状態を作る方法の1つに過ぎません。

痩せるためには、食事のカロリーを抑えることが効果的です。

参考記事:ダイエットに成功する摂取カロリーの使い方、徹底解説!

食事を変えるダイエット

食事を変えるダイエット

食事であれば、時間も労力も使わずに、カロリーをカット出来ます。

例えば、牛肉のバラ・ロースをヒレ・モモに代えるだけで、100g当たり200kcalぐらいカロリーをカットできます。

また、クリームソースパスタ→トマトソースに変えるだけで、200~300kcalカットできます。

食事であれば、選ぶ食品・注文する料理を少し変えるだけで、フラフープ1時間分ぐらいのダイエット効果を得られるのです。

そして、食事のカロリーを抑えれば、運動をしなくても体脂肪は減っていきます

心肺の活動、体温の生成、立つ・歩くといった活動で、体脂肪をエネルギーとして使っているからです。

ボディメイクアップのクライアントさんも、筋トレ以外運動をされない方がほとんどです。

それでも、平均して月に体脂肪△3kgペースのダイエットに成功されています。

摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることがダイエットの本質で、効果的に痩せるには、食事のカロリーを抑えることです。

運動と違い、食事を変えることは時間もかかりません

忙しくても、食べる物を管理することで、ダイエットを実践できます。

ダイエットの本質を理解して、しっかり食事を管理すれば、ダイエットの成功がグッと近づきます。

参考記事:ダイエットを成功に導く低カロリーの食品39選!

フラフープのダイエット効果まとめ

フラフープのダイエット効果

いかがでしたでしょうか?

フラフープはダイエットに効果のある運動ですが、労力が必要な割に、あまり効果は高くありません。

そのため、痩せずに終わってしまうことがほとんどです。

ダイエットの本質と効果的に痩せる方法が分かっていれば、フラフープを頑張るより、はるかに効率的にダイエットを実践できます。

カロリーを抑えれば、その分、体はどんどん変わっていきます。

正しい知識を持って、しっかり食事を管理し、理想のスタイルを手に入れましょう!

この記事のポイントまとめ

 フラフープはダイエット効果が低い

 フラフープに特別なダイエット効果はない

 摂取カロリー<消費カロリーにすることがダイエットの本質

 食事のカロリーを抑えることが効果的

 食事のカロリーを抑えれば、運動をしなくても痩せることが出来る

この記事の感想や疑問などを、下部のコメント欄でお受けしています。

この記事が役に立った場合、こちら↓のボタンでシェアしていただきますと、多くの方に有用な情報を届けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

follow us in feedly

【ボディメイクアップ】の記事を検索

コメントを残す