ココナッツオイルの真のダイエット効果・効能と使い方!

ココナッツオイルの脂質
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
万代崇

ココナッツオイルは、ダイエット効果のある、【痩せるオイル】と言われます。

ココナッツオイルダイエットは、オイルを摂るだけで痩せる、簡単なダイエットとして人気になっています。

しかし、ココナッツオイルの本当の効果を知らないと、全然痩せなかったり、むしろ太ってしまいます。

確実にダイエットに成功できるように、ココナッツオイルの効果・効能の真相と、効果的なダイエット方法をお伝えします。

1.ココナッツオイルの脂肪燃焼効果

ココナッツオイルは、ダイエット効果があり、摂ると痩せると言われています。

ココナッツオイルはエネルギーになりやすい油で、代謝されやすいので、食べても太らないと言われます。

本来ダイエットの天敵であるはずの油を、摂ると痩せるということはあるのでしょうか?

まずは、ココナッツオイルの脂肪燃焼効果を紹介します。

1.1ココナッツオイルの脂肪燃焼効果

ココナッツオイルの脂肪燃焼効果

ココナッツオイルは文字通り、油のカタマリです。

ココナッツオイルの油には、少し特徴があります。

それは、中鎖脂肪酸という脂肪酸が多くまれることです。

中鎖脂肪酸というのは、他の脂肪酸よりも分子が小さい油です。

ココナッツオイルに多い中鎖脂肪酸は、吸収・代謝が早く、エネルギーとして使われやすいと言われます。

そのため、摂っても体脂肪になりにくいオイルで、ダイエット効果があると言われます。

1.2体脂肪とココナッツオイル

体脂肪とココナッツオイル

脂肪は、エネルギーとして使われると、体脂肪にはなりません。

そのため、エネルギーになりやすい油だと、確かに体脂肪になりにくいということになります。

しかし、実際のところ、エネルギーになりやすいということとダイエット効果は関係ありません

体脂肪とオイル

ココナッツオイルの脂肪が優先してエネルギーになるということは、その間、体脂肪がエネルギーとして使われにくいということです。

そして、ココナッツオイルがエネルギーとして使われる分、エネルギーとして使われる体脂肪は減ります。

つまり、摂ったココナッツオイルの分、体脂肪が減らなくなります。

そのため、ココナッツオイルを摂らない場合と比べると、摂ったオイルの分、体脂肪が増えるのです。

体脂肪を減らすために大事なこと

体脂肪が減るかどうかは、カロリー次第です。

摂るカロリーと使うカロリーのバランスで、体脂肪が増えたり減ったりします。

摂るエネルギーが使うエネルギーよりも少ないと、体脂肪は自然と減っていきます。

参考記事:脂肪燃焼の7つの誤解を解消&効果的なダイエット方法!

1.3痩せるオイル?

痩せるオイル

ココナッツオイルを摂っても、特に消費カロリーは上がりません。

一方で、ココナッツオイルを摂ると、摂取カロリーは増えます。

しかも、100gで約900kcalという超高カロリーです。

これは、同じ量のごはんの5倍以上のカロリーです。

ココナッツオイルにダイエット効果はありません。

むしろ、摂った分だけ摂取カロリーが増えて、体脂肪が増えてしまいます。

他の油と同じように、ココナッツオイルは太る油です。

体脂肪とカロリー

体脂肪は、体に溜めている、カロリーのカタマリです。

体脂肪は、カロリーの貯金のようなものです。

貯金残高が減ることと、体脂肪が減ることは、同じようなものです。

貯金は、入金より出金の方が多ければ、減っていきます。

同じように、体脂肪は、摂るカロリーより使うカロリーの方が多ければ、自然に減っていきます。

そして、ココナッツオイルは、摂取カロリーを増やすものです。

ココナッツオイルを摂ることは、入金することと同じです。

入金をすれば、貯金残高は増えますね。

ココナッツオイルのダイエット効果

ココナッツオイルを摂っても、それ以上に他の摂取カロリーが抑える効果があるなら、ダイエット効果があると言えます。

しかし、わざわざ高カロリーのものを食べて、自然とトータルのカロリーが減るということは、ダイエット指導の経験上まずありません。

同じ肉でも、100g:500kcalのものより100g:100kcalのものを食べる方が、ダイエットに成功しやすくなります。

超高カロリーのココナッツオイルは、ダイエット向きの食品ではありません。

カロリーの低い食品を選ぶ方が、量も食べられて、ダイエットに成功しやすくなります。

2.ココナッツオイルの体質改善効果

ココナッツオイルを摂ると、ケトン体というものが作られると言われます。

ケトン体ができるようになると、体脂肪がケトン体になって燃焼され、痩せやすい体になると言われます。

オイルを摂るだけで、カロリーを制限しなくても痩せる体になるならば、夢のようなダイエット方法です。

2.1ケトン体とは

ケトン体とは

ケトン体とは、脂肪やタンパク質から作られる、体のエネルギーになる物質です。

簡単に言うと、脂肪やタンパク質が少し変化したものです。

ココナッツオイルを摂ると、体が脂肪からケトン体を作るようになり、効率的に体脂肪を燃焼できると言われます。

ケトン体ができる場合

ココナッツオイルを摂ると、体がケトン体を作るようになると言われます。

しかし、実際は、ココナッツオイルを摂ることと、ケトン体ができることは関係がありません

ケトン体は、普通作られないものです。

普通に食事をしていれば、ココナッツオイルを摂ってもケトン体は作られません。

ケトン体が作られるのは、食事で摂る糖質を、極端にカットした時です。

糖質制限とココナッツオイル

ココナッツオイルは、糖質制限とセットで紹介されることがあります。

糖質制限をしながらココナッツオイルをプラスすると、体がケトン体を作りやすくなると紹介されます。

しかし、実際には、ココナッツオイルを摂ることではなく、糖質を制限することでケトン体が作られるのです。

ココナッツオイルだけ摂っても、特にケトン体は作られません。

ココナッツオイル自体に、ケトン体を作る効果はないのです。

2.2ケトン体を作っても作らなくても一緒

ケトンを作っても作らなくても一緒

糖質を極端に制限すると、体はケトン体をという物質を作ってエネルギーにするようになります。

ケトン体は、脂質やタンパク質から作られる、体のエネルギーです。

糖質制限やココナッツオイルダイエットでは、脂質がケトン体になり、エネルギーとして使われるので、痩せやすくなると言われます。

しかし、実際は、ケトンを作っても作らなくても、ダイエットの結果は変わりません

体脂肪の燃焼

ココナッツオイルや糖質制限では、「ケトン体を作らないと痩せない」というニュアンスで脂肪燃焼が説明されることがあります。

しかし、体脂肪はケトン体にならないと減らないわけではありません。

体脂肪は、ケトン体にならなくても、常にエネルギーとして使われています。

体温を作る、心臓や肺を動かす、日常の動作といったあらゆる場面で、体脂肪を使っています。

わざわざケトン体を作らなくても、体は常に体脂肪を燃焼しているのです。

そして、体脂肪をそのままエネルギーとして使っても、ケトン体にして使っても、ダイエット効果は変わりません。

日本で1万円を使うか、100ドルに両替して海外で使うか、というような違いだけです。

両方とも、1万円が減ることに変わりはありません。

ケトン体とダイエット

ケトン体を作っても作らなくても、痩せるかどうかはカロリー次第です。

消費カロリーより摂取カロリーの方が多いと、ケトン体に関係なく、体にどんどん体脂肪がたまっていきます。

逆に、摂取カロリーより消費カロリーの方が多いと、ケトン体に関係なく、体脂肪は減っていきます。

体脂肪が減るかどうかは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが1番大事です。

参考記事:ケトン体ダイエットの真の効果と確実に痩せる方法!

参考記事:ケトン臭を簡単解決!ケトン臭を出さないダイエット方法

2.3ココナッツオイルと糖質制限

ココナッツオイルと糖質制限

糖質制限の効果の真相

糖質制限では、「糖質を制限すれば、カロリーを制限しなくても痩せる」と言われることがあります。

しかし、そんなことはありません。

糖質制限で痩せるのは、糖質のカロリーをカットした結果、トータルのカロリーが減りやすいからです。

日本人は平均して、カロリーの50~60%を糖質から摂っています。

その糖質のカロリーをカットすれば、多少脂質のカロリーを増やしても痩せる、というのが糖質制限の真相です。

糖質をカットしてケトン体を作っても、摂取カロリーが増えると太ります。

糖質を摂っていても、摂取カロリーを抑えれば、痩せることができます。

参考記事:れが本当の糖質制限!ラクで続く効果的ダイエット方法

糖質制限とカロリー

糖質制限で糖質をカットすると、トータルのカロリーが減りやすいというのが、糖質制限で痩せる真相です。

ダイエットの本質は、カロリーです。

そして、カロリーを抑えるためには、糖質を減らしても脂質を減らしても大丈夫です。

糖質や脂質を極端に制限するより、カロリーを主軸にする方が、圧倒的に食事の選択肢が広がります

実際、極端に糖質を制限すると、食べられるものの種類が一気に減ります。

ご飯NG、パスタ・うどん・そば・ラーメンなどの麺類NG、パンNGとなると、外食だと選択肢がほとんどありません。

確実に痩せるためにも、食事を楽しみながらダイエットを続けるためにも、カロリーを主軸にするのがオススメです。

参考記事:おやつを食べて糖質制限に成功するオススメ30選!

糖質制限とココナッツオイル

糖質制限をすると、糖質のカロリーが一気に減ります。

糖質をカットすれば、ココナッツオイルを摂っても、トータルのカロリーを減らすこともできます。

しかし、その場合でも、ココナッツオイルを摂らない方が、トータルのカロリーが下がってダイエット効果は大きくなります。

糖質制限をしない場合でも、ココナッツオイルを摂らない方が、摂取カロリーを減らせます。

つまり、ココナッツオイルは摂らない方がダイエットに効果的なのです。

3.ココナッツオイルの栄養の効果・効能

ココナッツオイルが取り上げられるとき、

「ココナッツオイルはビタミン・ミネラルが豊富で、食物繊維も摂れる!」

「ココナッツオイルは健康・美容効果もバツグン!」

とよく紹介されます。

しかし、ココナッツオイルの栄養や健康・美容効果にも、かなりウソが混じっています。

ウソの情報にダマされてしまわないように、ココナッツオイルに含まれる栄養の真相を紹介します。

3.1ココナッツオイルの栄養

ココナッツオイルの栄養

ビタミン・ミネラル

ココナッツオイルには、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれるとよく言われます。

栄養が豊富なので、さまざまな健康・美容効果があると言われます。

実際の、ココナッツオイルの栄養成分表がこちらです。

文部科学省HP:www.mext.go.jp
索引番号:1836 ヤシ油

実際の成分表をご覧いただければ分かりますが、ミネラルはほぼありません。

ビタミンも、ビタミンEをわずかに含むだけです。

食物繊維も含まれていません。

ココナッツオイルは栄養豊富と言われますが、実際には、ほとんどビタミン・ミネラル・食物繊維がないのです。

カロリー

ダイエットをする上で、一番大事な栄養が、カロリーです。

カロリーを持つ栄養素は、主にタンパク質・脂質・糖質・アルコールです。

脂質・糖質・アルコールを減らすことが、ダイエットに成功する秘訣です。

脂質は、タンパク質・脂質・糖質・アルコールの中でも、1番高カロリーです。

そして、ココナッツオイルは、成分のほぼ100%が脂質です。

そのため、ココナッツオイルは、100gで約900kcalもある、全食品の中でもトップクラスの高カロリーなのです。

ココナッツオイルダイエットでは、ココナッツオイルを1日に大さじ2~3杯摂るだけで痩せると言われます。

しかし、実際は、カロリーが200~300kcal上がってしまうのです。

ココナッツオイルは、ダイエットには完全にマイナス効果の食品です。

わざわざ200~300kcalを増やすなら、ココナッツオイルより、ご飯やスイーツを食べる方が食事を楽しめます。

3.2ココナッツオイルの脂質

ココナッツオイルの効果・効能まとめ

全般的に、オイルは高カロリーなので、摂る量を減らす方がダイエットに効果的です。

ただし、脂質を全く摂らないのは良くありません。

健康的にダイエットをするためには、脂質を摂るポイントがあります。

健康とダイエットの両立

糖質もそうですが、脂質も極端にカットすると、健康を害する危険があります。

脂質も糖質も、量を減らしつつ、適度に摂るようにしましょう。

健康とダイエットを両立させるためにもう1つ大事なのが、脂質のバランスです。

脂質に含まれる脂肪酸を、バランス良く摂ることが大事です。

脂肪酸には、摂り過ぎがちなものと、不足しがちなものがあります。

不足しがちなのは、オメガ3脂肪酸という脂質です。

これは、特定の油や魚に多く含まれる脂質です。

ココナッツオイルの脂肪酸

ココナッツオイルは、ほとんどが飽和脂肪酸という脂肪酸です。

飽和脂肪酸は、肉や乳製品に多く、摂り過ぎがちな脂肪酸です。

ココナッツオイルの脂質は、バランスが良い脂質ではありません

不足しがちなオメガ3脂肪酸を摂るには、えごま油、あまに油、シソ油といった油が適しています。

普通に料理に使う油としては、ココナッツオイルよりも、一番ありふれている、キャノーラ油の方がオススメです。

キャノーラ油も高カロリーですが、ココナッツオイルよりもはるかにオメガ3脂肪酸を含んでいる、バランスの良い油です。

ココナッツオイルより、ありふれたキャノーラ油の方が、バランスよく栄養を摂れるのです。

参考記事:えごま油の効果・効能を解明&ダイエットで痩せる使い方!

4.ココナッツオイルの効果の真相

ココナッツオイルはダイエット効果があり、栄養も豊富で、健康・美容にも効果があると言われます。

しかし、実際は、ココナッツオイルはダイエット効果がないどころか、ダイエットにマイナスの食品です。

そして、ビタミン・ミネラルもほとんどなく、脂質のバランスも悪い食品です。

それなのになぜ、「ココナッツオイルはダイエットに効果的で、健康・美容にも効果のあるオイル」などと言われるのでしょうか?

4.1ココナッツオイルのダイエット効果

ココナッツオイルのダイエット効果

ココナッツオイルには、ダイエット効果はなく、栄養も豊富ではありません。

にもかかわらず、「ココナッツオイルは、ダイエットや美容・健康に効果的!」と言われるのは、記事を盛り上げたり、商品を売るためです。

商業的な目的で、「オイルを摂るだけで痩せる!カロリー制限なしで痩せる!美容健康に効果的!」と堂々とウソが書かれるのです。

ココナッツオイルは夢のような効果が謳われますが、実際は、ほとんどがウソなのです。

ココナッツオイルが注目される理由

「キャノーラ油の方が脂質のバランスが良い!」と言っても、あまり記事が盛り上がりません。

そして、キャノーラ油はありふれた安い油なので、わざわざ記事で宣伝しても、宣伝した人のお金になりにくいのです。

珍しくて値段も高めのココナッツオイルの方が、宣伝した人の売上になりやすいというわけです。

ウソにダマされないために

「ココナッツオイルはモデルも取り入れる人気のダイエット法!」と言われると、すごく効果がありそうな気がしてしまいます。

しかし、実際は、ダイエット効果はないどころか逆効果です。

ココナッツオイルを取り入れているモデルの方は、ココナッツオイルで痩せたのではなく、痩せている人がココナッツオイルを摂っているだけです。

ダイエット効果のためにココナッツオイルを取り入れても、ムダどころか逆効果になってしまいます。

今までの食事にココナッツオイルをプラスしても、逆に体脂肪は増えてしまいます。

ウソのダイエット情報にダマされず、確実にカラダを変えられるように、正しいダイエット方法を紹介します。

4.2効果的なダイエット

効果的なダイエット

ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーにすることです。

そして、効果的にダイエットをするためには、摂取カロリーを抑えるようにしましょう。

摂取カロリーを抑える

摂取カロリーを抑えて、摂取カロリー<消費カロリーにすることが、効果的なダイエット方法です。

摂取カロリーを抑えるというのは、食べるのをガマンするわけではありません。

摂取カロリーを抑えるには、【食事を変える】ことがオススメです。

いつも食べている食事を、低カロリーの食品を選んで変えることで、食べる量を減らさずにダイエットができます。

例えば、油漬けシーチキンを水煮シーチキンに変えれば、同じ量を食べても、カロリーを70%以上カットできます。

参考記事:確実に痩せる方法!2ヶ月で6kgダイエットする3ステップ

運動の効果

運動は消費カロリーを上げるので、ダイエット効果があります。

しかし、運動は効果が低いので、摂取カロリーを抑える方が効果的に痩せられます。

体重50kgの人の場合、2時間ウォーキングをして消費するカロリーは、200kcalぐらいです。

シーチキン100gを油付き→水煮に変えるだけで、同じダイエット効果を得られます。

2時間ウォーキングをするのと、シーチキンの種類を変えるのを比べれば、シーチキンの種類を変える方がラクだと思います。

運動で1kcal消費するのも、食事で1kcal抑えるのも同じダイエット効果ですが、食事の方が簡単にカロリーを抑えられます。

参考記事:痩せたかったら運動するな!運動ゼロのダイエット方法!

ココナッツオイルの取り入れ方

ココナッツオイルは高カロリーで、摂取カロリーが増える要因になってしまいます。

ココナッツオイルダイエットでは、1日に大さじ2~3杯のココナッツオイルを摂るように言われます。

しかし、それは、単純に200~300kcal摂取カロリーが増えるだけです。

ココナッツオイルは、あまり摂らない方がダイエットには効果的です。

ただ、一切摂ってはいけないわけではありません。

ココナッツオイルの風味が好きなら、量を抑えながら使う分には大丈夫です。

トータルのカロリーを抑えられれば、何を食べても大丈夫です。

ココナッツオイルが好きなら、量が増えないように気を付けながら使うことで、食事を楽しむこととダイエットの両立ができます。

参考記事:誰でも効果的にダイエットできるココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルの効果・効能まとめ

ココナッツオイルダイエット

ココナッツオイルには、ダイエット効果は全くありません。

それどころか、摂取カロリーのプラスになるため、ダイエットには逆効果になってしまいます。

ココナッツオイルがダイエットや美容・健康に効果的というのは、記事を盛り上げるためや、商品を売るためのウソがほとんどです。

そのウソにダマされてしまうと、お金だけ減って、体脂肪は減らずに終わってしまいます。

正しい知識があれば、効果的なダイエット方法を実践して、確実に痩せることができます。

効果的なダイエットを実践して、理想のスタイルを手に入れましょう。

この記事のポイントまとめ

 ココナッツオイルにダイエット効果はなく、あまり栄養もない

 どんなダイエット法でも、摂取カロリー<消費カロリーにならないと痩せない

 食事のカロリーを抑えるのが効果的なダイエット方法

この記事が役に立った場合、SNSでシェアしていただきますと、多くの方に有用な情報を届けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

follow us in feedly

【ボディメイクアップ】の記事を検索

コメントを残す