BMIの計算方法と2つの問題点&正しい使い方!

BMIの計算方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
万代崇

BMIの正しい使い方を知っていますか?

BMIの計算方法や自動計算フォームはよく目にしますが、正しい使い方を紹介できている情報はほとんどありません

そして、BMIには2つの問題点があります。

この2つの問題点と、正しい使い方を知っていないと、「BMIが下がったのに、思っていたスタイルにならない!」となることもあります。

理想のスタイルが手に入るように、BMIの計算方法と、正しい使い方を紹介します!

1. BMIの計算方法

BMIは、こちらのフォームで自動計算できます。

 BMI計算式
体重(kg)÷身長(m)÷身長

 判定一覧表

BMI判定
18.5未満痩せ
18.5~25未満標準
25~30未満肥満
30以上高度な肥満
参考:厚生労働省-eヘルスネット①,

BMIは、ボディマスインデックスという体格を表す指数で、肥満度を判定するために使われます。

日本人の標準は、男性23・女性22です。

身長が高い人は高めに、身長が低い人は低めに計算される傾向にあります。

そのため、身長が低い子供の肥満度を判定するには、別の計算式・判定方法を使います。

2.子供用のBMI計算方法

子供用のBMI計算方法

乳幼児のBMI計算方法

乳幼児用の指数は、カウプ指数とも言います。

計算方法はBMIと同じですが、判定基準が異なります。

 判定一覧表

BMI(カウプ指数)判定
14以下痩せぎみ
15~17普通
17以上太りぎみ
参考:厚生労働省

学童児の指数計算方法

学童児の指数を、ローレル指数と言います。

 ローレル指数計算式
体重(kg)÷身長(m)÷身長÷身長×10

 判定一覧表

ローレル指数判定
100より小さいやせすぎ
100~115やせてる
115~145ふつう
145~160ふとってる
160より大きいふとりすぎ
参考:日本医師会

3. BMIの2つの問題点

BMIは、肥満の判定やダイエットの目安として広く使われている指数です。

身長を考慮した計算方法なので、身長150cmの人と180cmの人が単純に体重を比べるよりも、精度は高くなります。

しかし、BMIには2つ問題点があります

BMIだけを見ていると、判断が狂ったり、思っていたスタイルにならなかったりします。

3.1 BMIはあまり見た目を表さない

BMIはあまり見た目を表さない

BMIはもともと肥満度判定のために作られた指数ですが、ダイエットのためにも使われます。

一般的に、ダイエットの場合も、判定一覧に従って痩せている・太っているの判定を行います。

しかし、BMIは、あまり見た目の実態を表せるものではありません

BMIの平均は22~23で、25未満だと「標準」の判定になります。

しかし、25に近い場合、だいたいの人が「痩せたい」と希望します。

また、BMIで「痩せ」の判定になるには、18.5を下回る必要があります。

しかし、実際は、20を下回っていればけっこうスリムな見た目になります。

女性でも、18.5を下回るとかなり華奢な印象になります。

男性の場合だと、18.5を下回るとなると、ガリガリの部類になってきます。

BMIの判定だけを見ても、あまり実態に当てはまらないのです

また、18.5を下回るような低体重だと、体調不良や摂食障害など、健康面でリスクも出てきます。

女性の場合、痩せすぎると、生理停止のリスクもあります。

イタリアとスペインには、「BMIが18を下回るモデルを採用しない」という基準を設けているファッションショーもあります。

参考記事:女性のBMI計算とキレイな体を作れるBMIの使い方!

3.2 BMIの計算では体脂肪量は分からない

BMIの計算では体脂肪量は分からない

BMIは、肥満の判定のために使われる指数です。

しかし、BMIは体脂肪量を表せるものではありません

大きな欠点は、キレイな体とBMIは関係ないということです。

BMIは、身長と体重を使って計算されます。

しかし、そもそも、体重は体脂肪量を表すものではないのです。

体重は体脂肪量の目安にはなりますが、完璧に連動するものではありません。

体重は、体脂肪以外に2つの要因によって変動します。

3.3 BMIは水分で変動する

BMIは水分で変動する

体脂肪以外で体重が変動する要因の内、1つは水分量です。

水分量には個人差があり、また、水分量は短期間でかなり変化します

体脂肪は、多くても1日に100g程度しか変化しません。

一方、水分は、簡単に1~2kg変動します。

「ダイエットをして数日で2kg減った」「食べ過ぎた翌日に体重が2kg増えた」などは、ほとんどが水分の影響です。

3.4 BMIはボディメイクと無関係

体重を変化させるもう1つの要因は、筋肉です。

男女とも、バランスを考えて適度に筋肉をつけることで、キレイな体を作れます。

しかし、筋肉が増えて体重が増えると、太った訳でもないのに、BMIの肥満度は上がってしまいます。

筋肉と体重
出典:Pinterest

例えば、ボディビルの元世界チャンピオン、アーノルド・シュワルツェネッガーが現役選手だったときのBMIは、32です。

アーノルド・シュワルツェネッガー
出典:Bodybuilding.com

体重は100kg以上ありますが、脂肪はわずか数kgしかありません。

にもかかわらず、BMIを使うと、高度な肥満と判定されて今います。

また、筋肉が減った場合も、痩せたわけではないのに、肥満度は下がります。

このように、BMIは、ダイエット・ボディメイクと関係しないことがあるのです。

参考記事:キレイな体を作れる、BMIと体脂肪率の正しい使い方!

筋肉が減った方が値は良くなるので、BMIを減らすことばかり考えると、細いだけでメリハリのない体になってしまうこともあります。

ダイエットの目的は、体脂肪を落とすことであって、体重を落とすことではありません

体脂肪量を表すものとしては、BMIよりも、はるかにダイエットに使える指数があります。

4.体脂肪量を表すBMI計算方法

ダイエットのために使うBMIは、こちらの計算がオススメです。

ボディメイクアップが独自に作った、ダイエットの指数です。

同じBMIでも、ボディメイクアップ・インデックスで、BMIと呼んでいます(笑)

 BMI計算式
ウエスト(cm)÷身長(m)×100

 判定一覧表

性別BMI
(ウエスト)
判定
男性45以下痩せている
45~50標準
50より上太っている
女性40以下痩せている
40~50標準
50より上太っている

4.1 BMI(ウエスト)の信頼性

BMIの信頼性

こちらで紹介したBMIは、ウエストと身長をもとにした計算式です。

ウエストは、脂肪量がもっとも顕著に現れる部位です。

そして、あまり筋肉量の影響を受けません

例えば、アーノルド・シュワルツェネッガーは筋肉量が多く、体重・胸囲・腕は、日本人平均の1.5~2倍ぐらいあります。

しかし、ウエイトサイズはほとんど変わりません。

脂肪が少ないので、ウエストを使ったBMIは、むしろ日本人男性の平均より低い値になります。

 シュワ
ちゃん
日本人
男性
比率
身長189cm171cm
体重112kg69kg1.6
145cm86cm1.7
56cm26cm2.2
ウエスト86cm85cm1.0
BMI
(体重)
31.423.61.3
BMI
(ウエスト)
45.549.70.9
元データ:厚生労働省 身体状況調査, Bodybuilding.com

ウエストは筋肉による影響が少なく、脂肪量によって大きく変化するので、ダイエットの目安として効果的に使えます

ダイエット指導の経験上、男性で45以下、女性で40以下が痩せている基準です。

4.2 BMIでのウエストの測定

ダイエットのためのウエストの測り方

ウエストを測定するときは、空腹時に、腹筋に力を入れた状態で測定しましょう。

一般的にはリラックスした状態で測定しますが、腹筋に力を入れた方が、お腹の張りなどの影響が出にくくなります。

体脂肪量以外による差が出にくいので、脂肪量の変化を把握しやすくなります。

ウエストは、くびれのある位置で、おへその5cm上が目安です。

この方法でウエストを測り、ウエストサイズのBMIを使えば、脂肪量に連動して値が変化します

目標と目安が一致するので、普通のBMIよりも、ダイエットの成果を的確に把握できます。

ダイエットでは、ウエストサイズで計算するBMIを使い、体脂肪を減らす目標にしましょう。

参考記事:正しいウエストの測り方&くびれを作るダイエット方法!

BMI計算方法と使い方まとめ

BMIの計算方法

いかがでしたでしょうか?

BMIは体重と身長から簡単に計算できますが、その値は、筋肉量や水分量によっても変化します。

そのため、BMIばかり見ていると、ダイエットの判断が狂ってしまうリスクがあります。

BMIや体重は単なる目安でしかないので、その目安が正確でないなら、気にしすぎる必要はありません。

ダイエットでは、ウエストを使ったBMIの方が、体脂肪量やダイエットの成果を的確に把握できます。

男性なら45以下、女性なら40以下を目標にダイエットを進め、理想のスタイルと健康な体を手に入れましょう!

参考記事:ダイエットに成功するBMIの使い方!

この記事のポイントまとめ

 BMIは体重と身長から計算して、簡単に肥満度を判定できる

 体重とBMIは、筋肉量と水分量によっても変化する

 BMIは、必ずしもダイエットの成果を表さない

 ウエストサイズを利用したBMIの方が、ダイエットの成果を的確に把握できる

この記事の感想や疑問などを、下部のコメント欄でお受けしています。

この記事が役に立った場合、こちら↓のボタンでシェアしていただきますと、多くの方に有用な情報を届けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

専属トレーナーのマンツーマン指導を受けられます

オンラインパーソナルトレーニングで、ボディメイクアップの専属トレーナーマンツーマン指導を受けられます。

オンラインのためいつでもどこでも指導を受けられ、ボディメイクアップの本物のダイエット・ボディメイク法を誰でも実践できます。

プロにも指導を行うトレーナーが、二人三脚で徹底サポートし、ダイエット・肉体改造を成功に導きます!


オンラインパーソナルトレーニング紹介へ

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

follow us in feedly

【ボディメイクアップ】の記事を検索

コメントを残す