甘酒のダイエット効果・効能を解明&確実に痩せる方法!

甘酒のダイエット効果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
万代崇

甘酒は、テレビでダイエット効果が特集されるなど、人気のダイエット食品になりつつあります。

甘酒に関する記事も増えてきて、ダイエットに甘酒を取り入れている人もいるかもしれません。

しかし、よく目にするダイエット情報では、甘酒の本当の効果はほとんど紹介されていません。

真相を知らずに甘酒を取り入れると、逆に太ってしまうこともあります。

この記事で、甘酒の本当のダイエット効果と、確実に痩せられる甘酒の使い方を紹介します。

1.甘酒ダイエットの効果

甘酒は栄養が豊富で、脂肪の代謝を促進したり、満腹効果を得られて、ダイエットに効果的と言われます。

「甘酒を飲むと痩せる」と言われても、「本当にそんなことで痩せるの?」と疑問を持ってしまうと思います。

実は、その通りです。

普通に甘酒を飲んでも、全く痩せません

よく目にする甘酒のダイエット情報は、間違っているものがほとんどです。

甘酒は痩せる効果があると言われますが、普通に飲んでも、体は変わらずに終わってしまいます。

努力した分だけ体が変わり、確実にダイエットに成功できるように、甘酒の効果の真相をお伝えします。

まずは、一般的に言われている、甘酒ダイエットのやり方と効果を紹介します。

1.1甘酒ダイエットのやり方

甘酒ダイエットのやり方

甘酒は、米麹や酒粕から作られるお酒です。

甘酒は日本酒よりもずっとアルコールが少なく、アルコールが全くないソフトドリンクタイプもあります。

甘酒ダイエットでは、【1食を甘酒に置き換える】という方法がよく紹介されます。

置き換え以外にも、【食事にプラスする】【食間に甘酒を飲む】という方法も紹介されます。

一般的には、「甘酒はダイエット効果があるので、飲めば痩せられる」と言われています。

1.2甘酒のダイエット効果

甘酒のダイエット効果

一般的なダイエット情報では、「甘酒の持つ栄養素が、ダイエットに効果がある」と言われます。

甘酒の栄養素の効果としては、この2つがよく紹介されます。

 脂質の代謝に必要なビタミンB群などを豊富に含んでいて、脂質の燃焼を活発にする

 ブドウ糖を含むので、血糖値が高まり、満腹効果がある

このように言われると、本当に痩せる効果があるかのように思ってしまいます。

しかし、この2つは間違った情報です。

甘酒ダイエットの本当の効果は、別のところにあります。

2.甘酒ダイエットの効果の真相

よくあるダイエット情報では、「甘酒はビタミンやアミノ酸、ブドウ糖を含んでいて、ダイエットに効果的」と言われます。

しかし、本当は、これらの栄養素には特にダイエット効果はありません。

2.1甘酒の栄養のダイエット効果

甘酒の栄養のダイエット効果

ビタミンとダイエット効果

「甘酒は、脂質の代謝を促進するビタミンBなどの栄養が豊富で、ダイエットに効果がある」と言われます。

確かに、ビタミンB3など、特定の栄養素は脂質の代謝に使われます。

しかし、ビタミンB3をたくさん摂ると脂質の代謝が増える、という訳ではありません

「単に、脂肪の代謝に使われているだけ」なのです。

摂る量を増やしても、それだけでは代謝が上がらないのです。

脂肪の代謝を高めるには

脂質の代謝、つまり、脂肪をエネルギーとして使うためには、消費カロリーを増やす必要があります

脂肪が燃焼されるのは、体がエネルギーを使う時だからです。

エネルギーが必要になる→
ビタミンなどを使って脂肪を燃焼→
エネルギーが発生

という流れです。

脂肪を燃焼するときに使われる栄養を摂っても、必要がなければ、脂肪は燃焼されません。

食事で多少ビタミン・ミネラルを多く摂っても、特に脂肪は燃焼されないのです。

甘酒のビタミン

ビタミン・ミネラルにダイエット効果はなくても、栄養を豊富に摂ることができれば、健康には効果的です。

しかし、甘酒のビタミン・ミネラルは豊富ではありません

こちらは、文部科学省が公表している栄養素データです。

文部科学省HP:www.mext.go.jp
索引番号:2040

すぐ上の青汁(ケール)と比べると、ビタミン・ミネラルははるかに少ない量しかありません。

さらにその上のココアと比べても、かなり少ないことが分かります。

甘酒は、特にビタミン・ミネラルが豊富ではないのです。

2.2甘酒の満腹効果

甘酒の満腹効果

甘酒でもう1つ紹介されるのは、満腹効果です。

「甘酒はブドウ糖を含んでいて、血糖値を上げるので、満腹効果がある」と言われます。

これ自体は間違っていません。

甘酒には、お腹を膨らませる効果があります。

しかし、この効果は、「ブドウ糖を含むご飯は、満腹効果がある」というのと同じです。

これによって、他の食事のカロリーが自然に減るなら、ダイエット効果はあります。

しかし、ご飯を1杯増やせば、それ以上に、他の食事のカロリーが減ると言うことがあるでしょうか?

普通はありません。

それと同じように、普通は、ただ甘酒を飲むだけでは、それ以上に、他の食事のカロリーが減ることはないのです。

クライアントさんにダイエット指導をしてきた経験からも、「食品を追加で摂って、自然にトータルのカロリーが下がる」ということは、ほとんどありません。

甘酒のカロリー

甘酒は、100gで約80kcalあります。

ご飯が炊いた状態100gで約170kcal、和牛ロースが100gで約450kcalなので、食事として考えるとそれほど高カロリーではありません。

しかし、飲み物として考えると、かなり高カロリーです。

100g当たりで、だいたい、ビールが40kcal、コーラが45kcal、牛乳が65kcalです。

甘酒は、ビールやコーラよりも高カロリーの飲み物なのです。

豆乳を混ぜると効果的?

甘酒ダイエットでは、豆乳を混ぜた、【甘酒豆乳】がススメられることがあります。

豆乳は、「大豆イソフラボンが摂れて、女性ホルモンの分泌を促すので、特に女性のダイエットに効果的」とよく言われます。

一般的にも、豆乳や大豆はダイエット食品として認知されています。

しかし、実際は、豆乳や大豆にも特にダイエット効果はありません

参考論文:www.ncbi.nlm.nih.gov

豆乳はコーラと同じぐらいカロリーがあるので、むしろ逆効果です。

甘酒に豆乳を混ぜても、特にダイエット効果はないのです。

2.3甘酒のダイエット情報

甘酒のダイエット情報

このように、甘酒自体には、特にダイエット効果はありません。

ダイエット効果があると思ってどんどん飲んでしまうと、カロリーが増えてしまい、むしろ太ってしまいます。

ダイエットの情報は、根拠のないいい加減な情報や、間違った情報があふれているのが現状です。

甘酒でよく紹介されるダイエット効果も、その1つです。

全くダイエット効果がなくても、記事を盛り上げるために、「甘酒には脂肪燃焼を促進するビタミンB群が豊富!」などウソが書かれます。

このようなウソにダマされてしまうと、いくら努力をしていくらお金を使っても、体は変わらずに終わってしまいます。

このようなウソのダイエット情報にダマされず、確実に痩せられるように、甘酒で痩せるポイントを紹介します。

3.甘酒でダイエットをするポイント

ダイエットの本質は、カロリーです。

甘酒は、ただ飲むだけではダイエット効果はありません。

痩せるためには、カロリーをカットできるように甘酒を使うのがポイントです。

3.1高カロリーのものを甘酒に置き換える

高カロリーのものを甘酒に置き換える

痩せるために一番大事なのが、カロリーです。

摂取カロリー<消費カロリーにすることで、体脂肪が減って痩せていきます。

そのため、痩せるには、高カロリーのものを置き換えるのが効果的です。

主食や間食のおやつなど、カロリーを多く摂っている食品を置き換えることで、摂取カロリーを抑えられます。

極端な置き換えはストレス

一般的な甘酒ダイエットのやり方でも、置き換えが紹介されることがあります。

これは、正しいダイエット方法です。

高カロリーのものを甘酒に置き換えれば、摂取カロリーを減らせます

そうすれば、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作りやすくなります。

ただし、【夕食を甘酒だけに置き換える】というような方法は、あまりオススメではありません。

ストレスが大きいからです。

適度な置き換えが効果的

夕食が甘酒だけとなると、食事の楽しみも減ってしまい、人付き合いもしづらくなります。

そうなると、ダイエットがストレスになってしまいます。

ストレスが大きいと、途中で止めてしまったり、ダイエット後にドカ食いをして、リバウンドの原因にもなってしまいます。

極端に食事を減らすような置き換えは、あまりオススメではありません。

効果的な方法である置き換えも、適度に行うようにしましょう

参考記事:リバウンドの3つの原因を解明&リバウンドしないダイエット

3.2甘酒をプラスしない

甘酒をプラスしない

甘酒の一番良くない使い方は、今までの食事にプラスすることです。

甘酒自体には、痩せる効果はありません。

そのため、今までの食事に甘酒が増えても、体脂肪は減りません。

むしろ、摂取カロリーが増えるので、太ってしまいます。

他のものでも共通ですが、追加で食べて体脂肪が減る、という食品は基本的にありません。

甘酒も、ただ飲むだけでは摂取カロリーが増えてしまう、ということを押さえておきましょう。

4.効果的に甘酒をダイエットに取り入れる

それでは、具体的に、甘酒をダイエットに取り入れる方法を紹介していきます。

甘酒で上手くダイエットをするポイントは2つあります。

1つは、体脂肪を減らせるように、カロリーを抑えることです。

もう1つは、ストレスなくダイエットができるように、食事を楽しめることです。

4.1甘酒の取り入れ方

甘酒の取り入れ方

甘酒でダイエットをするコツは、単純に甘酒を飲むのではなく、高カロリーのものを置き換えることです。

ダイエットのポイントが分かっていれば、置き換えも柔軟に実践できます。

ご飯を甘酒に置き換える

甘酒でダイエットをする方法の1つは、高カロリーのものを置き換えることです。

1食を丸々甘酒に置き換える方法もありますが、それだとストレスになってしまいます。

ストレスを増やさないためにも、置き換えは適度に行いましょう。

例えば、ご飯を甘酒に置き換えることで、カロリーをカットできます。

甘酒は、同じ量のご飯と比べると、水分が多くてカロリーは半分ぐらいです。

食事のご飯1杯を、甘酒1杯に置き換えれば、食べる量を減らさずにカロリーを半分にできます。

置き換えとタンパク質

【ご飯1杯を甘酒に置き換える】という方法であれば、食事も楽しめ、おかずからタンパク質を摂ることができます。

1食全部を甘酒にするような置き換えでは、タンパク質がかなり減ってしまいます。

タンパク質は、体脂肪を減らすためには不要ですが、ダイエット中に筋肉をキープするのに大切な栄養素です。

普通にダイエットをすると、体脂肪と筋肉は、だいたい3:1の割合で減っていきます。

タンパク質の摂取量が少ないと、これよりも速いペースで、どんどん筋肉が減ってしまいます。

体脂肪が減っても、筋肉が少ないと、メリハリのない体になってしまいます。

逆に、筋肉を作る材料であるタンパク質をたくさん摂ると、ダイエット中に筋肉が減りにくくなります。

筋トレとタンパク質摂取を併せれば、筋肉をキープしたまま痩せることができます

参考記事:高タンパク低カロリーの食品109選!

参考記事:確実に筋肉が成長する筋トレ実践方法!

おやつを甘酒に置き換える

甘酒は、ご飯を置き換えるという方法の他に、おやつなどの間食を置き換える方法があります。

ダイエット中は、お腹が空いて、ついついおやつが食べたくなることもあると思います。

ガマンするというのも1つの手ですが、それではストレスになってしまいます。

そこで、おやつに甘酒を飲むようにすれば、間食をしながらダイエットもできます。

甘酒にもカロリーはありますが、量を抑えれば、そこまでカロリーは増えません。

特に、普段食べているおやつが高カロリーのものなら、それを甘酒に置き換えてみましょう。

甘酒はその名の通り甘いので、スイーツの代わりとして楽しむこともできます。

ノンアルコールのものであれば、日中に飲んでも大丈夫です。

ケーキ・チョコレート・ナッツなどの高カロリーのものを甘酒に変えれば、間食をしながら痩せることができます

参考記事:おやつを食べて糖質制限に成功するオススメ30選!

4.2食事を楽しめるダイエット方法

食事を楽しめるダイエット方法

ダイエットを続けるには、ストレスが少なくなるように、食事を楽しめることも大事です。

ダイエットの本質を把握していれば、食事を楽しみながら痩せることも簡単です。

置き換える食品は自由

甘酒を使って痩せるコツは、高カロリーのものを置き換えることです。

しかし、痩せるために置き換えるものは、必ずしも甘酒でなくても大丈夫です。

甘酒以外にも、好みに合わせて自由に食品を選べる方が、選択肢が広がって食事を楽しむことができます

甘酒以外の置き換え

ご飯やケーキなどを甘酒に置き換えれば、カロリーをカットすることができます。

しかし、カロリーをカットできる食品は、甘酒だけではありません。

間食であれば、ケーキをヨーグルトにしたり、ゼロカロリーゼリーにすることでも、カロリーをカットできます。

ご飯であれば、おかゆにするという方法もあります。

おかゆは水分が多いため、ご飯よりも低カロリーです。

ご飯1杯をおかゆ1杯に変えれば、同じ量を食べながら、カロリーを約60%カットできます。

甘酒よりもおかゆの方が好きなら、おかゆに置き換えてみましょう。

ご飯が食べたい場合は、普通にご飯を食べて、おかずを変えてみましょう。

例えば、肉でも、牛バラを牛ヒレに変えるだけで、カロリーを約60%カットできます。

肉を肉に置き換えることでも、ダイエットは出来るのです。

甘酒だけにこだわらず、自由に置き換えをすることで、気分や好みに合わせて自由に食事ができます

甘酒を楽しめるダイエット方法

甘酒を一番楽しめるのは、「好きなら飲む」というシンプルな方法です。

好みに合わせて飲む方が、甘酒を楽しめます。

甘酒が好きなら、「高カロリーのものを置き換える」という方法にこだわらず、普通に飲んでも大丈夫です。

その分、他の食事のカロリーをカットしましょう。

ご飯をおかゆにしたり、肉の種類を変えれば、カロリーをカットできます。

甘酒を普通に飲んでも、トータルのカロリーを抑えれば、ダイエットができます。

トータルのカロリーを減らせれば、好みに合わせて何を食べても大丈夫ということです。

好きじゃないのに、甘酒を飲み続ける必要はありません。

カロリーに注目すれば、好みに合わせて食事を楽しめて、確実に痩せることができます。

参考記事:確実に痩せる方法!2ヶ月で6kgダイエットする3ステップ

甘酒のダイエット効果まとめ

甘酒のダイエット効果

ダイエットをするポイントは、摂取カロリー<消費カロリーにすることです。

甘酒を飲むと、摂取カロリーが増えるだけで、特別なダイエット効果はありません。

甘酒でダイエットをする場合も、摂取カロリーを抑えることが大事です。

そして、「トータルのカロリーを抑えて、甘酒が好きなら飲む」という風にすれば、食事を楽しみながら痩せることができます。

カロリーが大事ということが分かっていれば、甘酒を飲みながらダイエットをすることも、甘酒だけにこだわらず自由に食事をすることもできます。

食事を楽しめる効果的なダイエット方法を実践して、理想のスタイルを手に入れましょう。

この記事のポイントまとめ

 甘酒にダイエット効果はない

 ダイエットは、トータルのカロリーを抑えることが大事

 甘酒は好みに合わせて飲む

 好みに合わせてカロリーカットを実践すれば、楽しくダイエットができる

この記事が役に立った場合、SNSでシェアしていただきますと、多くの方に有用な情報を届けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSをフォローすると更新情報を受け取れます!

follow us in feedly

【ボディメイクアップ】の記事を検索

コメントを残す